開幕後も活躍できるか

日本でもオープン戦が始まりましたが、新型コロナの影響で昨年のレギュラーシーズンのように観客に上限を設けて入場させていますが、メジャーリーグも同じように観客を最大2000人程度に制限して行っているようですね。他にもフロリダ州では長距離移動を制限した組み合わせで実施したり、両軍の監督が合意すれば3月13日迄は試合を5~7イニング制に(さらに守備側は投手が20球以上投げていれば3アウトでなくても相手の攻撃の打ち切りが可能)、3月14日から30日までは7イニング制にできる、と言ったような特別ルールを設けているようですね。まあ、今シーズンもダブルヘッダーは7イニング制、延長はタイブレーク制といったルールが採用されるようですが(昨年あった「ナ・リーグもDH制採用」はないようだが)、まあいずれにせよこういった形で春から野球ができる、というのは選手たちにとっても喜ばしいことでしょうね。
で、ちょっと前置きが長くなりましたが、昨年は負傷もあって思うような活躍ができなかったエンゼルスの大谷翔平選手ですが、先日のホームランに続き、今日は今季初の実戦登板を行ったようですね。

「【MLB】大谷翔平が161キロ&魔球スプリット 名物解説は“絶叫投稿”「エグッ」「ショータイム」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5eafa7c59db04b190e12b42241ba16a6d634b0ae
「【MLB】大谷翔平、OP戦初登板161キロ&5奪三振に地元紙絶賛 「成功したといっていい」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/045edcfa6f2d8f21e7a98abd52a44302340804d3

まあもともと大谷選手がエンゼルスを選んだ理由も「日本ハム時代から続けている二刀流をやらせてくれるから」という理由だったと記憶していますが、もちろん先日のホームランも打ててよかったと思うでしょうが、やはり投手としても活躍したい、と思っているのではないか、と思うんですよね。実際エンゼルスのマドン監督もそれに期待していると思うのですが、とはいえまだオープン戦は続きますし、やはり開幕してからが真価が問われると思うんですよね。
コロナ下での選手間の移動とかはどうなるのかな、と管理人もまだ気になる部分はありますが(まあ、球団もチャーター機で移動する、と言ったような形はとると思うが)でもやはりメジャーリーガーというのは1シーズンレギュラーを守り続けることが何よりも大事なことですから、やはり投手としてローテーションを守りつつ、打者として活躍できる、というのを期待していると思いますが。

まあいずれにせよ他にも日本人メジャーリーガーもこれから実戦の場に出てくると思いますが、一人でも多く活躍してほしいな、と管理人は思っています。

Major LEAGUE カラー名鑑号 2021 YEAR BOOK メジャー・リーグ全30球団主力選手写真名鑑 (週刊ベースボール別冊菜の花号) - ベースボール・マガジン社
Major LEAGUE カラー名鑑号 2021 YEAR BOOK メジャー・リーグ全30球団主力選手写真名鑑 (週刊ベースボール別冊菜の花号) - ベースボール・マガジン社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント