芸能人は余計に気を付けないと

昨年、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斉藤司が番組収録中に背骨を圧迫骨折した、という事故がありましたが、芸能人が何よりも恐れているのはそれこそ新型コロナウイルスに感染したり、あるいは何らかのアクシデントで負傷してスケジュールに穴を開けることだと思いますが(少なくとも数日は番組収録等がストップするんだもんね)、昨日今日とこんなことがあったようですね。

「東山紀之、アクションシーン練習中に足を骨折…松葉づえ使わず自力で歩くこと可能」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7986648f2faa41fe4b66eee5ff8e18009489119
「ライセンス・藤原一裕が「ガキ使」ロケで鎖骨骨折 ソフトボールで転倒「治療してすぐ戻ってきます」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3a6d399943be9f1060ea814cf2e4454f240b329

ヒガシは何でも主演ドラマの撮影に向けてアクションシーンの練習をしていたところに負傷した、という事のようですが、ただ松葉づえ等は使わずに自力で歩くことが可能だとか言う話のようですね。そういうこともあってか今度の日曜日に放送されるテレ朝の「サンデーLIVE!」にも出演する、という事のようですが、ただもう彼も54歳ですからね。本人はいつまでも若いつもりでいるでしょうが、30年前と比べれば確実に身体能力が落ちているのは事実だと思いますし、「この程度で骨折するなんて」と思ったかもしれませんが、あまり無理はしないでほしいと思いますし、場合によってはスタッフも彼にあまり無理はさせない程度のアクションシーンに切り替えるのではないか、と思いますが。

で、一方のライセンスの藤原一裕の方ですが、なんでも「ガキ使」のロケ中に転倒して負傷してしまったようですね。なんか「ガキ使」も時々こういったことが起こるような気がしますが、それはそうとソフトボールのプレイ中のけが、なんてのはそれこそ実業団でだってあると思いますし、日ごろ身体を動かしていない(と思われる)芸人が、いきなりこんな体を動かすようなことをやったらさすがに怪我だってするでしょうね。ロケを行う前にどれだけ準備運動をしたのか分かりませんが、これもまた43歳という年齢を考えるとしっかりと準備運動に時間をかけて行った方がよかったのかもしれませんね。

最初にも書いたと思いますが、既に4月のドラマの制作も始まっていると思いますが、こういったことでけがをしてスケジュールに穴を開ける、というのは他の出演者やスタッフにも迷惑をかける行為ですからね。やはり芸能人も体が資本なのですから普段から十分に気を付けてほしいと思いますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント