開幕早々これはキツいような。

26日に開幕したNPBですが、昨年から引き続き「コロナ特例」という形で「出場選手登録数は29名から31名」「外国人登録は4名までから5名まで。ただし5人全員投手もしくは野手はできない」「検査で陰性となった場合は出場登録を抹消されても10日間を経ずに再登録可能」と言ったことが定められていますが(今年採用されたのは「レギュラーシーズンは9回で打ち切りの延長戦なし。CS及び日本シリーズは後日決定」)、開幕早々ヤクルトがこんなことになったようで。

「【ヤクルト】西田明央、球団スタッフの新型コロナウイルス陽性を発表…山田哲人、青木宣親らは濃厚接触の可能性で抹消」
https://news.yahoo.co.jp/articles/36d8354fd359a4da9a76ab95c6b4dd4dc6a36782
「上原浩治氏「これはキツいよなぁ」「主力ばかりが抹消って…」ヤクルトに同情寄せる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d35fe89e3ea49ac4477fc1c301796ee3970b306

確か昨年も阪神やロッテで感染者が出ましたが、阪神の場合は春季キャンプの間だったし、ロッテの場合10月でしたから(まあ、チームはCS出場がかかっていた時期だったが)まだしも、今回のヤクルトは開幕早々ですからね。しかも西田選手をはじめとして山田哲人選手や青木選手といった主力選手までもが登録抹消ですからね。
それに機構側と関係各省庁との折衝でようやく外国人助っ人が来日できるようになりましたが、昨日の時点でヤクルトはまだ3人が来日できてないんですよね(そもそも育成契約含めて全員来日できたのが巨人だけだし。もっとも(どこの球団も一緒だとは思うが)今回来日した選手のチームへの合流は早くても来月の末だろうけれど)。そんな中で主力を欠いて戦う、となると高津監督も頭が痛いのではないか、と思いますが。

まあ、その分若手選手が与えられた機会を生かしてほしいと思いますが、よくよく考えたらどこの球団でもこういったことは十分に起こる可能性があるわけですからね。もちろんそういった場合を想定しての「コロナ特例2021」だとは思いますが、どこの球団も1軍2軍のこだわらずにどのような事態でも選手が出場できるように手はずを整える必要があるのかもしれませんね。
勿論逆を言えばまだ開幕直後だったからよかったものの、これが例えば(それこそ去年のロッテのように)シーズン終盤で発生、なんてことになったら目も当てられないことですからね(さらに遠征先で不倫相手と…、おっとこれ以上は言わないでおこう)。いくらワクチン接種が始まっている、と言っても選手たちがいつ頃ワクチンを接種できるのかは分かりませんから、それまでは今まで通りの感染対策をして試合に臨んでほしいと思います。

東京ヤクルトスワローズ パーカー メンズ 長袖 プルオーバー スウエット スウェットシャツ フーディ 春秋冬服男女兼用上着
東京ヤクルトスワローズ パーカー メンズ 長袖 プルオーバー スウエット スウェットシャツ フーディ 春秋冬服男女兼用上着

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント