何かいい方法ないかねえ

という事で昨日の開幕戦からホームスチールありの延長戦ありの熱戦が繰り広げられたセンバツ高校野球も2日目を迎えた今日、注目の一戦となった東海大相模対東海大甲府の「東海大」対決ですが、延長戦の末相模が3-1で勝ったこの試合、こんなことが話題となったようですね。

「東海大対決にネットも困惑「いま攻撃どっち?」ユニホーム論争が白熱」
https://news.yahoo.co.jp/articles/82ffa367a1d52f51ea37cc60668a6996b4b6bfda

同じ東海大付属の高校という事もあってユニフォームも同じ水色地に縦じまで胸には「Tokai」と書かれた文字、とよく似ていることが話題となったようですが、なんかよく見ると帽子の縁とか右袖に入っている文字とかが違うし、甲府の方が若干水色が薄いそうですが、とはいえ試合中は視聴者は混乱したんじゃないか、と思いますが(笑)。

いや、系列校のユニフォームがよく似ている、なんて例はよくあって例えば奈良県の智弁学園と和歌山県の智弁和歌山が同じようなユニフォームなのはよく知られていますからね。
管理人が聞いた話だと高校野球のユニフォームにもいろいろと細かい規定があって、ユニフォームは白地(クリーム色含む)か水色地かグレー地と決められていて、さらにプロ野球の様な上下色違いのツートンカラーというのは認められていないらしいですね(ストライプやラケットラインはOK。プルオーバーは横浜高校の様な2ボタンタイプならOK) 。
まあ、どこの高校も(さすがに予算もそこまでは出せないだろうから)プロ野球の様なビジターユニとかセカンドユニフォームがあるわけではないし(まあ、高校サッカーなども同じだとは思うが)、こういった混乱が起こってしまうのは仕方がないかもしれませんが、こういった場合のために何らかの工夫があってもいいのではないか、という気もしますが。

でも考えてみたらメジャーリーグもプレシーズンマッチ(日本で言うオープン戦)はどの球団も練習着を着て試合をやっていますし、その練習着というのも同じような色を使っている球団も多いですから、今回の高校野球のように「同じようなユニフォームになってしまう」とこともありますからね(まあ、ズボンがビジター用を履くからまだ区別はつくかもしれないが)。こう考えると日本のプロ野球のように「紅白戦」では片方がビジターユニを着る、とか(MLBも同じかもしれないが)、オープン戦から球団の試合用のユニフォームを着る、という方が珍しいのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント