この選手も帰ってくるとはねえ。

先日当初の予定通り「2月17日キャンプイン、4月1日開幕」が決定したMLBですが、新型コロナの影響でどの球団も経営が厳しいようで、なかなかフリーエージェント(宣言が必要な日本と違ってアメリカでは自動的にFA権を取得する)の選手が行き先が決まらず(毎年のことではあるが、今年は一段と厳しいようで)、先日ヤンキースからFAになった田中将大投手が楽天に復帰しましたが、マリナーズからFAになった平野佳寿投手も古巣のオリックスに復帰することが決まったようですね。

「オリックス、平野佳寿の獲得を正式発表 通算156S右腕が4年ぶり復帰、背番号「16」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/20678c2f6e7e73d9c27d6efc52e0a9c91964d4c3
「オリックスが平野佳寿と契約合意!背番号「16」で4年ぶりの古巣復帰」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ffcf4582280220ba19f3188a2504393f6f4edb30

2005年に当時あった希望枠でオリックスに入団後、2013年からはストッパーとして活躍し、2018年に海外FA権を行使してダイヤモンドバックス→マリナーズと渡り歩いた平野投手ですが、確か昨年もダイヤモンドバックスをFAになった後行き先が決まらず、キャンプイン直前になってマリナーズ所属が決まった、と記憶していますが、今年も同じようにFAになって結局行き先が決まらずオリックスが獲得に乗り出した、という事になるのでしょうか?
まあ平野投手としてもこのまま行き先が決まらないよりも折角声をかけてくれたことだし、状況が読めないアメリカよりも日本で投げた方がいい、と判断して今回復帰を決意したのかもしれませんが。

平野投手はメジャーでリリーフとして活躍し、9勝9敗48ホールド8セーブという記録を見ると新型コロナがなければ(まあ、これは田中投手も同じだと思うが)、まだまだメジャーでも活躍できると思いますし、田中投手は楽天との2年契約が終わったらまた渡米するのではないか、なんて言われているように平野投手もまた渡米するのか、はたまたこのままオリックスにとどまるのかは分かりませんが。

まあ、昨年にしろ今年にしろある意味特別な年であることは変わりがありませんが、それでもまだまだ今年もメジャー球団に所属している日本人選手は多いですからね。彼らが今年もMLBで活躍できるように祈りたいですし、日米ともに今は無事に開幕を迎えることができるようになってほしいと思います。

ベースボールキャップ オリックスバファローズ Buffaloes オックスフォード '47 CLEAN UP ペリウィンクル
ベースボールキャップ オリックスバファローズ Buffaloes オックスフォード '47 CLEAN UP ペリウィンクル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント