なんか珍しい気が

という事でサッカーのJリーグは今日から開幕し、プロ野球はオープン戦(まあ、2月いっぱいは緊急事態宣言の関係で無観客の練習試合という扱いだが)が本格的にスタートして日本のプロスポーツ界もいよいよ本番、という事になりますが、そんな中、プロ野球で日本ハムと楽天の間にこんなトレードが実現したようですね。

「楽天・池田隆英と日本ハム・横尾俊建のトレードを発表 横尾の背番号は「30」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/689cad6fb4cf49cf90abf45862a0dd838aa8f9c4
「【楽天】150キロ超右腕・池田隆英と右の長距離砲・日本ハム横尾俊建の交換トレードが成立」
https://news.yahoo.co.jp/articles/cfb85030d1898241ce20b1e5f9800326baee1630

いや、プロ野球というのは入団したらどの選手でもいつかトレードに出される可能性は十分にありますし、シーズンオフやシーズン最中は勿論のこと春季キャンプが始まってから開幕までの間にトレードされる、というのもよくあることなんですが、管理人が「珍しいな」と思ったのは今回のトレードが同じパ・リーグの球団同士、という事でして。

というのも思い出してほしいのですが、昨年シーズン中にあった交換トレードは4件ですけれど、いずれもセ・リーグの球団とパ・リーグの球団の間だったし(巨人と楽天が2件、巨人とロッテが1件、阪神とオリックスが1件)、過去の例でもあまり同じリーグ間でのトレードというのはなくなないですけれど少ない印象なんですよね。これがメジャーリーグだと同じリーグで頻繁にトレードが行われるし(まあ、地区が違ったりするのも理由かもしれないが)、韓国や台湾だと1リーグしかないからトレードはどうしても同一リーグという事になってしまうものなのですが。

まあ、日本で同リーグ間でのトレードがあまりないのもいろいろと理由はあると思いますが、やはりこの間までチームメイトだった選手が同じリーグの球団な投げたり売ったりするのを見るのは何となく気まずくなってしまう、という事もあるのでしょうか?(笑)
まあ、でもトレードというのは(確か元ロッテの里崎智也氏だったか)その選手にとっては新たな活躍の場を与えられるようなものだ、といった意見もありますから、子のトレードが両チームにとってもプラスの結果になることを期待したいですが。
これからどのようなトレードがあるのかまだまだ分かりませんが、いずれにせよ新天地でも今まで以上の活躍ができるようになってほしいものですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント