ちょうど10年か

昨年、新型コロナの影響で「巣ごもり消費」と言われたことからかおそらく2017年の発売直後に勝るとも劣らないくらい売れたであろうゲーム機と言えば言わずと知れたNintendo Switchだと思いますが、日本ではすでに(Liteも含めて)1800万台売れ、全世界だと8000万台に迫る勢いで売れているそうですね(ちなみに管理人は予約して発売直後に購入した)。
あれはご存知の通り据え置き機としても携帯機としても使える、というのが最大の特徴だし、携帯機に特化した「Lite」もあることから携帯機として遊んでいるユーザーも多いと予想されますが(ついでに管理人はテーブルモードはあまり使ったことがない)、その前の世代の携帯機であるニンテンドー3DSシリーズの修理受付が終了するらしいですね。

「ニンテンドー3DSが修理受付を終了 部品の確保が困難に」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ecde5c5cbb52996b75505175c30f60ae34bfa769
「「ニンテンドー3DS」「3DS LL」3月末での修理受付終了が発表 シリーズ10周年の前日に」
https://news.yahoo.co.jp/articles/143750565fa426d1b522092b9d6cb7c7d4b65c25

3DSはすでに昨年9月に生産は終了していて、その際に発売されていた機種である「Newニンテンドー3DS(/LL)」、「2DS」シリーズはまだ修理受付を続けていくそうですが、この記事を読んで思ったのが「あれ? もう3DSって発売されて10年経つのか」という事だったんですよね。

当時は確か3D表現というのがもてはやされていて3DSも立体視が売りだったんですが、ただ発売された当時は25000円と高価だったことや東日本大震災の影響もあってかなかなか売れずにその年の秋に早くも1万円定価を下げてから売れ始めた印象があるのですが(管理人もその頃にちょうど「マリオカート7」が出たのに合わせて購入したし)、そのあと2DSが出たことやSwitchがそういった機能を持っていないこと(まあ、3Dゴーグルと取り付けることで立体視が可能な「ニンテンドーラボ」ってのがあるが)から考えるとあまり必要な機能だった、とは言えないかったのかもしれませんね。
とは言えSwitchが出るまでは日本の携帯ゲーム機市場を(と言うかWii Uが不調だった分も)引っ張ったのは事実ですし、いろいろと名作ゲームも多いですから、日本のゲーム氏を語る上では外せないハードであることは変わりがないでしょうね。
管理人も持っている3DSもまだまだ使えますから(まあ、ゲームボーイアドバンスだっていまだに使えるのだが)、壊れないようにこれからも大事に使っていこうかな、と思っていますが。

Nintendo Switch Lite グレー
Nintendo Switch Lite グレー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント