考えてみれば来年なんだけれど

新型コロナの影響でスポーツ界も開催予定の大会を延期や中止するもの、予定通り行うものなど様々なようですが、2022年サッカーワールドカップカタール大会のアジア第2次予選、日本対ミャンマーをはじめとする数試合が延期となったようですね。

「3月のW杯アジア予選は「過半数が延期」とAFC発表…モンゴル対日本など4試合のみ開催へ!」
https://news.yahoo.co.jp/articles/61485106a5b696fbe0c08a673a1da3c0ada95fa1
「ミャンマー戦延期…反町技術委員長が経緯を説明。AFCは6月15日までにアジア2次予選の全日程終了を厳命」
https://news.yahoo.co.jp/articles/59f471a3bb6e256679ac17772a1404c1988271d3

ちなみにモンゴル対日本も本来はモンゴルで開催予定だったのですが、モンゴル側の要望により千葉市のフクダ電子アリーナで開催される(ただしゲームそのものはモンゴルのホーム扱い)ことが決定しているようですが、今回のミャンマー戦が延期になったのは新型コロナの影響とも先日起こった政変の影響とも言われているようですが、もしこのまま正常御不安定な状態が続くとしたら、ワールドカップの予選は勿論、東京五輪をはじめとした国際大会も出場が難しくなってくるのではないか、と思いますが(場合によってはW杯予選の残り全試合棄権、という事だって十分に考えられるし)。
なんか記事によるとAFCは6月15日までにアジア第2次予選の全日程終了を厳命してるようですが、だとしたら後半はかなりどの国も大変な日程になるような気がするんですよね。

まあ幸いなことにというかなんというかカタール大会は(中東の気候を考えて)例年の6~7月ではなく、2022年11月~12月の開催、という事が決まっていますが、それでも過去の例(大体8か月前に出場国が決まっている)を考えると遅くとも来年の春ごろまでには出場32チームが決定していなければいけないのですから、相当日程もタイトなものになってしまうと思うんですよね。いや、もしかしたら特例として2022年の6月頃までに予選全て終了するように日程を延期する、という事も考えられはしますし、もしかしたらワールドカップそのものを1年延期する、という事も可能性はありますが…

まあいずれにせよ日本代表も大変でしょうが、それはどこの国の代表だって同じと思いますから、日本代表は今まで通りのプレイを心がけていつでも試合ができるようにしてほしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント