編集長ともあろう人が…

「映画秘宝」という雑誌に関しては管理人、洋泉社(現在は親会社である宝島社に吸収)で出版されていた頃、社員として編集に携わっていた現在は映画評論家で「進撃の巨人」の実写版の脚本も書いた町山智浩氏(現・相談役)が同じ映画雑誌の「キネマ旬報」とトラブルを起こし刑事事件になりかけたことで責任を取って退社した、という騒動が真っ先に思い浮かぶのです…
コメント:0

続きを読むread more