日本に戻ってくるのかね?

日本のNPBと違ってメジャーリーグでは年俸総額が一定の上限を超えた球団はその超えた分の差額から決められた割合の額をMLB機構に支払う、という所謂「ぜいたく税」と呼ばれる制度(なんか回数を重ねるごとに支払う額も増えるらしいが)があるため昔みたいに金に任せた補強というのができず、シーズンオフにFAとなった選手がなかなか移籍先が決まらず、それこそ春季キャンプが始まっても行き先が決まらない、という選手が毎年出ていますが、今年はニューヨーク・ヤンキースからFAとなった田中将大投手がその一人となったようで、こんな話が出ているようですね。

「マー君、ヤンキース退団濃厚 パドレスなど獲得に興味 国内復帰なら楽天が最有力」
https://news.yahoo.co.jp/articles/649cd5f3b2368627acb4495b7f2a84e7079b5561
「田中将大、楽天復帰の可能性も…ヤンキース残留が消滅、パドレスが名乗りとの報道も」
https://news.yahoo.co.jp/articles/faab0a2f361248c073971960639ad8db9dca7fba

昨年の新型コロナの影響でMLBも年間60試合という短縮日程だったこともあってか(なんでも去年はワールドシリーズのみ観客を入れたが今年は開幕から入れる方針という話を聞いたが、その開幕もどうなるか分からないし)、どこの球団も球団運営が厳しいようで、ポスティングでMLB移籍を目指した日本ハムの西川選手や巨人の菅野投手が結局移籍先が決まらず残留を決めたのもその影響が少なからずあったのではないか、と管理人は思いますが、複数の球団が獲得に名乗りを上げているという話のようですね。
MLBだとパドレスと言えばダルビッシュ投手が今年から所属しますし、エンジェルスやレッドソックス、ブルージェイズは日本人が所属している(いた)球団ですから田中投手としても投げやすい球団だと思いますし、楽天はもともとの所属球団ですからね。ただ契約がどうなるか、という事も田中投手が決めることですからね。先日巨人の菅野投手が残留を決めた時年俸が8億円だとかいう話を聞きましたし、もしかしたら楽天もそのくらいの金は出せるかもしれませんが(まあ、親会社が今ちょっとゴタゴタしているけれど)、それ以上の条件を出す球団が出たらそこに行く可能性も十分にあるわけですからね。

勿論いずれの契約もまとまらずそれこそキャンプになっても行き先が決まらず、結局去年より年俸がダウンして契約、という可能性も十分にあると思いますが、ただ田中投手の活躍を考えるとそこまでして決まらない、という事もなさそうな気もしますが。
まあ、いずれにせよこれからどういった動きが出てくるかまだ分かりませんし、春季キャンプが始まる(と言ってもにほにょりは遅いのだが)までには決まってほしいと思いますが。

[完全保存版!]大リーグ2020総集編 (週刊ベースボール別冊新年号) - ベースボール・マガジン社
[完全保存版!]大リーグ2020総集編 (週刊ベースボール別冊新年号) - ベースボール・マガジン社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント