よく無期限謹慎で済んだな

千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手が昨年9月末に遠征先の札幌(と言うことは日本ハム戦か)で(新型コロナ感染の可能性があるとして)禁止されている部外者との会食をしたことが問題となっていますが、本日球団側が無期限謹慎処分を下したようですね。

「ロッテ、清田に無期限謹慎処分 不適切行動と虚偽報告「軽率な行動により…」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8080b17527b7a63a2cd88554d0565bf56b58a05f
「【ロッテ】清田育宏が無期限謹慎、部外者との会食を虚偽説明と報道…球団が発表」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0537e7be474a19b8c5296563895ff8c4b6c8ef5c

まあ、この後ロッテは新型コロナの感染者を複数出した(そんな状況でありながらよくまあ13年ぶりのパ・リーグレギュラーシーズン2位という成績でフィニッシュできたと思うが)、という話なのである意味で自業自得という結果に終わったような気もしますが(まあ、清田選手以外はとばっちりを受けたようなものだからまだ同情の余地はあるが)、今回の場合はなんか他にも問題がるのではないか、と管理人は思うのですが。

というのもまず球団側に部外者を含む会食はしていない、という虚偽報告をしたことももちろんですが、なんかその会食の相手に(まあ、写真週刊誌「FRIDAY」の電子版に載った記事、という事なので100%鵜呑みにするわけにはいかないが)不倫相手の女性がいたとかいう事ですからね。いや、まだ球団への虚偽報告だけだったら例えば2月1日から始まるキャンプ(そういえば巨人などの6球団がキャンプを行う宮崎県は当分無観客のキャンプだそうで。この件に関しては後日日を改めて)に自費で参加、とかいった比較的軽い処分だったと思うのですが、不倫もオマケとなるとよくまあ無期限謹慎で済んだな、という気がしますな。
いや、もちろん不倫は倫理上許されることではないのですが「法律違反というわけではないのだから球団側も解雇というわけにもいかなかったのだろう」という意見もあるようですが、正直言ってそうなってもおかしくなかったのではないか、と思いますし、解雇は免れたとしても例えば年俸半額カットといったことになってもおかしくはなかったのではないか、と思いますが。

まあ、無期限謹慎という事で当然のことながら春季キャンプには参加できなくなるだろうし、場合によっては(スケジュール通りと仮定して)3月26日の開幕にも出場できないかもしれませんが、いずれにせよ今回の事態を招いたのは清田選手だし、ロッテ球団をはじめとしてこれだけ大勢の人に迷惑をかけた、と言うことだけは自覚してほしいですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント