一体何をやるんだか

今から66年前、すなわち昭和29(1954)年の11月3日に公開された特撮映画と言えば言わずと知れた「ゴジラ」ですがその「ゴジラ」の66回目の誕生日にこんな動画が公開されたそうで。

「「ゴジハムくん」衝撃の復活! 生誕20周年プロジェクト始動発表、まさかの復活ファンからの驚きの声」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a7e51a2090f0efa8ce27cce1fde8b7ca8c901bf

2001年に公開された金子修介監督の「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」の同時上映として公開されたのが当時大人気だったアニメ「とっとこハム太郎」劇場版第1作の「ハムハムランド大冒険」(因みに樋口真嗣監督がCG監督をやっている)だったのですが、その際入場者プレゼントとして配られたのがゴジラとハム太郎をコラボした「ゴジハムくん」というマスコットだったんですよね。ちなみに管理人も当時「GMK」を観に行って当然のごとく(?)もらったのですが、この記事を見て懐かしさのあまり引っ張り出したのですよね。管理人がもらったのはシルバーなのですが、他にも何色かあったようですが、それがまさかの復活というのには驚きましたね。
(ついでにYouTubeの動画ではその「GMK」の音楽が使用されている)

2014年のレジェンダリー版に始まってその後「シン・ゴジラ」→アニメ3部作→「キング・オブ・モンスターズ」と来て来年には「ゴジラVSコング」の公開が予定されている、とここの所ゴジラもいろいろと動きがあるようですが、なんだってまた急に復活させようと思ったのでしょうかね?
勿論「ハム太郎」の原作者である河合リツ子氏の許諾は得ていると思いますし(そうでなければ小学館の公式サイトで出るはずがないが)、関連グッズなどを発売する、という事は東宝も本気であることは分かるのですが、「VSコング」の後に日本版のゴジラの新作も考えている、という話も前に聞きましたし、もしかしたら「ハム太郎」も復活させようと考えているのでしょうか?(笑)
まあ、いずれにせよ今回のことがきっかけで日本版の新作ゴジラの制作の機運が高まってほしいな、とは管理人は思っているのだけは確かですが。

それにしても当時ハム太郎目当てで観に行った小学生もアラサーと呼ばれている年齢ですからね。「GMK」を観に行ったのはこの間のような気がしますが、もうあれから19年も経っているのね…

ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 <東宝Blu-ray名作セレクション> - 新山千春, 宇崎竜童, 小林正寛, 金子修介
ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 <東宝Blu-ray名作セレクション> - 新山千春, 宇崎竜童, 小林正寛, 金子修介

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント