一体どうなるんだか

新型コロナの影響で当初の予定から3か月遅れ(8月7日→11月20日)で公開された映画「STAND BY ME ドラえもん2」に八木竜一監督と共同監督でクレジットされいる山崎貴監督が昨年監督した映画に「ドラゴンクエスト YOUR STORY」というのがありましたが、その内容もさることながら、こんなことでも話題になっているようですね。

「小説版ドラクエ著者、新たにスクエニ・東宝などを提訴 「主人公の名前を盗用された」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/54bc707c35d9b0a59bd7ef01c93d4045aa5ada1b

ご存知の人も多いと思いますが「YOUR STORY」はもとはゲーム「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」をベースにして3Dアニメとして制作されたものですが、一番最初のSFC版が発売された当初に作家の久美沙織女史の手によって小説が書かれているんですよね。
管理人、ゲームはプレイしたことがあるのですが、小説は読んだことがないのでよくわからないのですが、なんかその小説の主人公の名前を無断使用された、とかそういう事らしいのですが。
管理人、「VI」を最後に「ドラクエ」シリーズはプレイしていないので(RPGは全体的にレベルアップに時間かかるし、「ドラクエ」「FF」はそれが顕著なんで最近「ドラクエ」に限らずRPGはプレイしてないのよ)、最近の「XI」とかはどうなっているのか分かりませんが初期のシリーズは最初に主人公の名前をプレイヤーが決めて入れるシステムですから、(例えば「MOTHER」で言うところの「ネス」のような)これといった固定ネームがないんですよね。ですので久美女史は「リュカ」という名前を考えたのだと思いますが、映画でもそれを採用しているという事で「盗用された」という事のようですが、ただ以前そういった名前は著作権の範囲外、という判例が出ているようだし、何よりもドラクエの版権そのものはスクエニが持っていますからね。もしこれをスクエニの上層部が決めた、となるとどうなるのかな、という気もするのですが。

ちなみにこの映画、最後のオチに関して特に批判が多かった、と管理人は記憶していますが、もともと山崎監督が肝心の「ドラクエV」の内容を詳しく知らなかった、と言いますからね。アニメシリーズとして制作された「GODZILLA」3部作の静野孔文監督もそうですが、監督が決まったら(何もゲームを全部やれ、とかシリーズ全作を観ろ、とまでは言わないが)ある程度内容を把握してほしい、と思ったのは管理人だけでしょうか?

まあ、いずれにせよこの裁判がどうなるか今後に注目したいですね。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー Blu-ray通常版 - 佐藤健, 有村架純, 波瑠, 坂口健太郎, 山田孝之, 八木竜一, 花房真
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー Blu-ray通常版 - 佐藤健, 有村架純, 波瑠, 坂口健太郎, 山田孝之, 八木竜一, 花房真

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント