まだ始まったばかりだというのに

MLBが始まって1週間たちますが、ご存知の通り、今年は60試合制で行われることになっていますが、そのMLBが早くもシーズン打ち切りの可能性が出てきたようですね。

「【MLB】新型コロナ感染拡大でシーズン打ち切りも? コミッショナーが選手会に警鐘鳴らす」
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdd4928188993bafbda54226a1bd0926b9edc769
「MLB打ち切りの可能性浮上 29人陽性反応、マーリンズクラスターなどで開幕早々に大混乱」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8def782224b641f65dec3537f90d8eccb9617230

マイアミ・マーリンズで選手やスタッフ21名が感染し、クラスターが発生したと思ったらセントルイス・カージナルスやフィラデルフィア・フィリーズでも感染者が出ているという話ですからね。シーズン打ち切りとなれば選手会のストライキによる1994年以来となりますが、今回の場合は26年前と状況も違いますからねえ。そもそも感染が心配で今年無収入になるのを覚悟のうえで出場辞退をした選手も多いですから(MLBだってそれは認めたんだし)どちらが悪い、というわけでもありませんし。

そうでなくとも今年のシーズンは上にも書いた通り、今年は60試合制で全試合DH制採用、延長は10回からタイブレークで行い(ブルージェイズの山口投手はこれのために2敗している)、8月2日からはダブルヘッダーを行う時は7イニング制(因みにマイナーリーグではダブルヘッダー時には7イニング制というのはよくあるようだが)、と出来る限り選手やスタッフ間の接触を避けるように工夫をしているようですが、それでもまだまだ感染を防ぐための対策が不足している、という事なのでしょうかね? (勿論、感染者数自体がいまだに何万人という単位で発生していることもあるだろうが)。
勿論このままシーズン打ち切りとなったら2020年シーズンの記録が残らないのはもちろんですが、秋の開幕が予定されているNFLやNHLといった他のプロスポーツ(NBAはこれから今シーズンの終盤戦→プレーオフとなり、12月1日に2020-21シーズン開幕予定)にも影響を及ぼすのではないか、と思いますが。

日本や台湾、韓国のプロ野球はとりあえず今のところ順調に日程を消化しているようですが、こういう事も十分にあり得ますからこれからも対策に気を付けてほしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント