調整も大変だろうけれど

先日亡くなった俳優の三浦春馬の出演していたテレビ番組の対応に各局は追われているようですが、そんな中4話撮影の途中で中断していた主演ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」が予定通り9月15日放送を発表したそうですね。

「三浦春馬さん出演「おカネの切れ目が恋のはじまり」放送が決定 完結のため台本を一部書き直し」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d663303b4353b0a8ebed2346d741f0932376ac7
「三浦春馬さん遺作ドラマ、9・15スタート決定」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f40525a36ed5e72b8af99d4ee97aa1916753b3dc

物語の半分で突然主演俳優がいなくなってしまったことでお蔵入りか、はたまた代役を立てて撮影するのか、といろいろと言われいたようですが、結局全8回の予定を4回に短縮して完結させる、という方法を取ったそうで、そのための台本の書き直しの作業を進めているようですが、本当だったら8回かけて書く予定だった話が半分になってしまったのですから、話の展開も随分と駆け足になってしまうのではないか、という気もしますが。
それにドラマの方だって一部編集作業が必要になってくると思いますが、それはドラマのスタッフもいろいろと考えるのではないか(例えば三浦春馬がどうしても必要な場面で背格好が似ている人物を探して後ろ姿で顔を見せずに撮影をするとか)と思いますが、その場合はどうしても不自然な編集にならざるを得ない部分が出てくるとは思いますが。

それに仮にこのドラマが無事に終わったとしても次の番組をどうするかも大変だと思いますが。いや、このコロナ禍でドラマの制作番組も大混乱に陥って例えば7月放送開始予定だったドラマを10月に変更する、といったような話もあったようですが、この場合は1か月次の番組が早くなってしまうんですからね。ですからドラマの撮影を再開して何とか終わらせることはもちろん大事ですが、(予定だと10月6日に終わるので)それ以降のドラマの準備も急ピッチで進めなければいけませんからね。

今回のコロナ禍で撮影がストップしてしまい、結局予定されていた放送回数を確保できず結局話数を短縮して放送したドラマ、というのもおそらくこの春から相当あったと予想されますが、なんだかもうしばらくこの状況は続くのではないか、と思いますし、こういった時こそスタッフは団結して何とか番組を終わらせることができるようにすることが大切かもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント