本当に大丈夫なのかね?

NPBは6月19日に無観客で開幕→7月14日に上限5000人で観客入場という形で開幕から40日以上が過ぎましたが(ただ新型コロナの感染拡大に伴い8月1日に予定していた「収容人員50%までの入場」は延期となり、当分の間5000人で継続)、今のところ選手やスタッフ、感染者が出ていないようですね。もちろんまだまだ予断を許さない状況が続きますし、本当にこのままシーズン120試合はもちろんのこと日本シリーズまで無事開催できるといいのですが、7月24日に開幕したばかりのMLBで早くも(?)マイアミ・マーリンズの選手たちの間でクラスターが発生し、2試合が中止となったそうですね。

「【MLB】マーリンズのコロナ拡大で2試合が中止に シーズン中止の危機」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5dadde65689ed8d3178f2a17e9761a5625a517ce
「MLBはシーズンを続行できるのか? 選手たちは不安の声「試合をするべきじゃなかった」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6299f2500d4206963e63f88053693138189a400

いや、当のマーリンズはとにかく、なんでヤンキースと対戦予定だったフィリーズ戦まで中止になるんだ? と思ったのですが、マーリンズは開幕3連戦の相手がフィリーズだったんですね。まあ確かにもしフィリーズに感染者がいたとなるとヤンキースにも感染者が出る可能性もありますからね。そうなると中止になったのもやむを得ない判断だった、という事に案ると思いますが、シーズン開幕5戦目にして早くもこんな事態で果たして大丈夫なのか、と思う人も多いのも確かにうなずけますね。

いや、今年は60試合で同一地区内のチームとの対戦、という事で確かに感染のリスクは減ったかもしれませんが、例えば東地区だったらマイアミからトロントまでチームがありますから、チームによっては今までより遠征の距離が長くなった(まあ、ブルージェイズの本拠地であるトロントのロジャースセンターが使えないらしいがそれでもボストンまで)チームもあるでしょうし、ニューヨークやボストン、西海岸だとサンフランシスコやロサンゼルスといった大都市で試合を行いますからね。そこで感染する、という可能性は高いし、やはりどうしても選手たちの間では濃厚接触者が出てくる可能性もありますしね。

日本でも感染拡大、と言われていますが、アメリカの感染者はその何倍もいますから果たして無事に60試合できるのかどうか気になる話ではありますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント