何かここの所多いような。

先日、手越祐也がジャニーズ事務所を退所した、という報道がありましたが、彼の場合は緊急事態宣言が発令されていたにもかかわらず外出していた、といったようなのも原因でしたが、それはそれとしてなんだか最近芸能人が事務所を退所して移籍(独立)する、という報道が多いような気がしますね。

「ローラ、14年間在籍した所属事務所を退所 2017年にはトラブルも」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b843b1684844b3b89877a309f53465133ae2547b
「川崎麻世、30年所属の事務所を退所「長年の御恩は忘れません」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f3f2c88d7ae71db2abc4d46c25f8329dd431b04
「神田うのが31年間所属した事務所を退社した背景…プライベートと仕事のバランス意識」
https://news.yahoo.co.jp/articles/907ad8bb208800baf7368a3a0e147ac478aae2a5

他にも2018年に放送されたスーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」でパトレン2号・陽川咲也を演じた横山涼やTVアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」で主人公の声をやっていた石井マークが事務所の移籍(まあ、彼の場合は適応障害の療養から復帰したのに合わせてだが)といったニュースがあったようですが、いや、もちろん事務所を移籍するのにはいろいろと理由があると思いますし(例えば環境を変えてみたい、といったようにね)、中には個人事務所を作る人もいて(神田うのがそうらしいが)、そうした方が自分がやれる仕事を取りやすい、という事になると思うのですが、ただやはり事務所を移るとなると(たとえ円満退社であったにせよ)前の事務所との関係も悪くさせないようにしなければいけないだろうし(明石家さんまみたいに自分は個人事務所に所属しているが、仕事のマネジメントは吉本興業に任せている、という方法もなくはないが)、個人事務所ともなれば仕事のマネジメントなどもやらなければいけないのですから大変だと思いますが。

勿論、自分がやりたい仕事ができる、という事で(最近YouTube始める芸能人が多いのもそういった理由もあるのだろうが)、自由度は広がったのかもしれませんが、その分何かあったら自分で解決しなければならない、という事も多いでしょうからね。
まあ、その程度でへこたれるようではとてもじゃないが芸能界でやっていく、なんてことはできないと思いますが、とにかく事務所を移ろうが何しようが今マンデイ上の仕事ができるようにしなければいけないだろうし、新型コロナでだいぶ仕事も減ってしまったかもしれませんが、その遅れを取り返せるくらいやってほしいですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント