県民としてはどうかと…

管理人が住んでいる茨城県にある小美玉市の茨城空港はご存知の人も多いと思いますが、自衛隊の百里基地が2010年に民間と共用されたことに伴い茨城空港として開港したのですが、なんか聞いた話では最近利用者が多いらしいですね。まあ今は新型コロナの影響で国内便も国際便も全便運休しているのですが(12日から福岡便が再開するらしいが)、こんな話があったそうで。

「【速報】「Tokyo」は削除 茨城空港の海外向け愛称 県民の反対受け」
https://news.yahoo.co.jp/articles/71f2425a1a2ab99d0ea72e9381a8485a478c69c7

なんでも海外旅行者向けに茨城空港の愛称を「Tokyo Ibaraki International Airport」とする、という最終案を提示した所、県民の反対意見が多く結局「Ibaraki International Airport」とすることになったそうですが、管理人も最初に「Tokyo Ibaraki International Airport」の愛称を聞いた時「別にTokyoは付けなくともいいんじゃね?」という気がしていましたからねえ。

いや、確かに東京ディズニーリゾートは「東京」と言いつつ千葉県浦安市にありますけれど、位置関係を見ると旧江戸川を越えれば東京都という近い場所にありますからまだいいですけれど小美玉市は土浦市と水戸市の中間あたりの場所ですぜ。いや、成田空港が昔「新東京国際空港」という名称でしたが(2004年から現在の「成田国際空港」に名称を変更)、成田市だって都心から相当離れていたから「東京」を名乗るのはどうか、と思っていた人も多いのではないか、と思いますが(それに今は東京の羽田が国際空港に復帰したこともあるしね)。
それに成田にしろ小美玉市にしろ交通アクセスの面を考えたら首都圏からかなり遠いのですから、外国人が来日してきたとしても彼らがイメージする「TOKYO」とかなり違うし、「実は東京はここから先」と言われたらかなり戸惑うのではないか、と思いますが。
それと同じで茨城空港と名乗っているのですからわざわざ東京を名乗る必要もなかったのではないか、と思いますが。まあ、そういった意味で大井川知事が「Tokyo」を削除したのは賢明だったかもしれませんね。

最初にも言った通り今は新型コロナで運休していますが、年々茨城空港の利用者は増えているという話だし、来年行われる(筈の)東京五輪を目当てに中国などから観光客がやってくる可能性は十分にあるわけですからね(茨城県でもサッカーがカシマサッカースタジアムで行われるし)。そういった人たちに「Ibaraki」をアピールするためにも余計なものは付けないでいいのではないか、と思いますし茨城県を代表する施設にする努力をこれからもしてほしいと思います。

茨城の逆襲 (笑う地域活性化本) - 岡村 青
茨城の逆襲 (笑う地域活性化本) - 岡村 青

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント