果たして大丈夫なのかね?

ここ数日日本における新型コロナの感染者がまた増加傾向にあるようで、これを「第2波」とみるかどうかは議論の分かれるところだと思いますが、ただ今現在感染者の多くは首都圏なんですよね。まあ、東京(をはじめとする首都圏)は人口が1000万人以上いることを考えるとちょっとやそっとじゃ感染者も収まらないのかな、という気もしますが、いずれにせよこれ以上増やさないためにもまだまだうがいや手洗いはしっかりとしなければいけないと思いますが。
で、その日本と比べるとまだまだ新型コロナの感染者が多いヨーロッパでこんなことを決定したようで。

「EU、7月に日本から渡航解禁へ 十数カ国対象、米ロは禁止継続」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2b5fa807d22dbbd306c832e8e80ab8421c84d19

まあ、日本も比較的感染者が少ない地域からの渡航を解禁する、という話が出ているようですが、確かに一時と比べるとヨーロッパも感染者は減っているとは思うのですが(今流行の中心は南北アメリカ)、それでも日本と比べるとまだ多い方ですからね、
とはいえそんな中で経済活動を再開したのだし、仕事の都合などでどうしても渡航しなければいけない人だって世の中には大勢いますからね、そういった人たちにとっても今回の措置はありがたいかもしれませんが、ただやはりそういった人たちが何らかの形で帰国したとしたらまた感染者が増えないか、といのが心配でして。

いや、EU諸国(離脱を表明しているイギリスがどうするのかはわからんが)が仮に日本からの渡航者を入れたとしても(日本がそうしているように)例えば2週間の隔離措置を講ずることだってあるだろうし、逆に現地の人たちと接した日本人が感染っすることだってありますからね。確か日本人は常日頃マスクを着用していたり、手洗いなどを心がけていることもあって感染する可能性は低いかもしれませんが、だからと言って感染しない、という事はないと思いますからね。そういた部分での注意は渡航する際も帰国する際も気を付けなければいけないのかもしれませんが。

今現在世界各国でワクチンや治療薬の開発が盛んにおこなわれていて、早ければ今年の末にはワクチンの接種が始まるのではないか、と言われていますが、もし仮にそうだったとしてもまだ半年は先の話ですからね。できる限り早いワクチンや治療薬の開発が望まれますし、管理人も早く出てきてほしいと願っているひとりではありますが、やはりそれまでの間は世界中の人間が協力してこれ以上感染者を増やさないように努力する必要があるでしょうね。管理人もできる限り注意しますが。

新型コロナウイルス:脅威を制する正しい知識 - 水谷哲也
新型コロナウイルス:脅威を制する正しい知識 - 水谷哲也

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント