果たして定着するかねえ

6月19日に開幕するプロ野球も6月23日から順次開幕(及び再開)するJリーグも当面の間観客を入れない「無観客試合」として行われますが(ただどちらも7月下旬には観客を入場させる方針とかいう話だが)、その「無観客試合」というのが要はサッカーだと制裁的な措置として行われる試合をさす、という事でマイナスイメージがある、という事で(事実Jリーグでも制裁として無観客で行われたことがあったし)、新しい名称を、ということでネットを中心に募集が行われ「リモートマッチ」という新名称が決まったそうですが。

「無観客試合の新名称は「リモートマッチ」 SNSで応募約9200件から決定」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5376227abee0971d9edd3a8c1be6b82d5fffb397
「Jリーグが“無観客試合”と呼称しない理由は?新名称は「リモートマッチ」に決定!」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4daa3f5bd5e6518313818c6e9738cd0b8cab8d38

ちなみにこのトップリーグ連携機構にはNPBは加盟していない(Jリーグと合同で「コロナ対策連絡会議」を設立したのが異例、と言われたくらいだし⑨のでプロ野球では従来通り「無観客試合」という呼称を使うのではないか、という気がしますが、管理人どっちかというとプロレスで無観客試合の呼称として使っている「ノーピープルマッチ」の方がなじみ深いんですが(苦笑)。
それはそうとこれから何試合行うか分かりませんが果たしてこの言葉定着しますかね?

これまでにも山手線や京浜東北線、中央線等の首都圏の通勤電車を「E電」と名付けたり、50~60代の年齢層を「実年」と呼ぶ、と言ったことが決定したりしましたが(詳しくはWikipediaを見てくださいませ)、いずれも定着しないまま消えたし、やはりNPBが使わないことには定着は難しいのではないか、という気がしますが(もちろんトップリーグ連携機構側が「ぜひNPBさんにも使っていただきたい」とでもいうなら話は別だが、NPBは使うとも思えんし)。それに「リモートマッチ」「リモマ」よりも「無観客試合」「無観客」といった方がわかりやすい、という人も多いのではないか、という気もするんですよね。

まあいずれにせよJリーグの無観客試合なんて2試合程度だし、これからトップリーグ連携機構に所属する12団体が使うのかどうかわかりませんし、果たして今後定着するのかどうかわかりませんが来年の今頃「リモートマッチ? そういえばそんな名称あったなあ」という事になるのだけは避けるべきでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント