ようやくスタートですな。

当初は3月20日に開幕予定だったのが新型コロナの影響で延び延びになっていたNPBの開幕が6月19日に決まったことで各球団もようやく目標ができたと思い餡巣が、今日その開幕カードからおよそ1か月の日程が決定したようですね。

「NPB、セ・パ両リーグの2020シーズン公式戦日程を発表 6月19日のプロ野球開幕戦対戦カードは?」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5151009857135f0095690cbe5d9637bcfbd8e794
「プロ野球の開幕カード&日程発表!西武とヤクルトは本拠地15連戦、巨人は神戸で7年ぶりの主催ゲームも」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8b90f7193fb7ab59fb091a24f1da4b6c7d0eae2

セ・リーグは巨人―阪神(東京D)、ヤクルトー中日(神宮)、DeNA-広島(横浜)で開幕戦を行い、パ・リーグは西武ー日本ハム(メットライフ)、オリックス―楽天(京セラD)、ソフトバンク―ロッテ(PayPpayドーム)で開幕戦、となったわけですが、その後がセ・リーグは約2週間首都圏(&ナゴヤドーム)で開催後、関西圏に移る(そのため、巨人が7月10~12日はほっともっとフィールド神戸でホームゲームを行う、という珍しいことがある)のに対し、パ・リーグは同一カード6連戦という日程ですからね。いや、できる限り感染リスクを避けるための変則日程だと思いますし(コロナ騒ぎが収束したら通常日程に戻すと思うが。そのために最初の1か月のみの発表になったと思うが)、7月の半ばごろから観客を入れる予定とのことですが(それでも5000人を上限とするらしいが)それまでは無観客ですから選手たちもコンディション調整やモチベーションを維持するのに大変なのではないか、と思いますが。
ましてやパ・リーグはクライマックスシリーズファイナルステージ(ただし今年はセはCSなし、パは短縮の方向らしいが)でもなければ考えられない同一カード6連戦ですから、投手のローテーションを組むのも大変ではないか、と思いますが。
とはいえ3か月遅れでようやくプロ野球も開幕までの道筋ができた、という事ですからファンとしてもようやく生の野球が(TVやネット中継だけとは言え)見られる、という事を喜んでいるのだけは確かかもしれませんね。

一昨日(5月30日)からは今年から始まる「北海道ベースボールリーグ」という独立リーグがシーズン開幕戦を行ったし、他の独立リーグも6月中の開幕を目指している、という話を聞きますが(四国ILが6月20日に開幕が決まったという話だしね。他のリーグもこのあたりになりそうだが)、ようやくファンが待ちに待った開幕がすぐそこまで来ている、という事でこれで「コロナ疲れ」している日本が少しでも元気になってくれればいいし、そして新型コロナも早く終息して球場にファンが足を運ぶ日が来てほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント