色々と工夫しているようで

新型コロナの影響で中断していたスポーツ界も台湾プロ野球が1000人限定で観客を入れ、韓国プロ野球は先日無観客で開幕、NPBも最短で6月19日に開幕を目指しているという一部報道があり、メジャーリーグも6月にキャンプ再開、7月に開幕を目指しているという報道があり、サッカー界も一部でシーズン打ち切りはあったものイングランドのプレミアリーグやイタリアのセリエAなどがシーズン再開を目指しているそうでようやく明るい兆しが見えてきたな、という感じがしますが、ただこれはJリーグもそうですが、シーズンを再開したとしても日程そのものがかなりきつくなると予想されるんですよね。そこで、というわけでもないでしょうがFIFAが2020年限定でこんなルールを決めたようで。

「サッカー選手交代枠 3人から5人への増加案が承認 一時的措置とFIFA」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000091-dal-socc
「FIFA 交代枠の一時緩和発表、1試合3人から5人に 体調面への影響考慮」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000167-spnannex-socc

サッカーの交代枠というのは1試合につき3人まで、延長になった場合はさらに1人OKという事で最大4人まで、というルールですけど、それを今年行われる試合に限り5人まで(ただし、ハーフタイムを除いた交代は3回まで。という事は最低でも交代枠全部を使う場合は1回は複数の人数を交代、という事になるのか)、というルールになるようですね。ただこのルールを実際に使うかどうかは各協会の判断に任せる、とのことのようですが(実際、南米協会は不快感を表明して今ご検討することを明らかにしたようだが)、まあ今年は事態が事態だけに仕方ないな、とは思いますが(野球の話だが実際NPBだってダブルヘッダーの導入を考えてるそうだし、MLBはダブルヘッダーは7回で終了というのを検討しているようだし)、例えばこれが今年分の2022年カタールワールドカップの予選に使うのかどうか、という事になりますし、東京五輪の予選だってまだ終わってないのですから(男子は北中米カリブ海が未決定、女子はアジア、アフリカ、南米で各1か国が未決定)、それにも採用するのか(まあ、やるとしても1年延期を考えると来年になりそうだが)という事にもなりますしね。

他にもソーシャル・ディスタンスを守るためにVARを運用停止をが認められる、といったようなことだし、もし仮にリーグを再開したとしても当分は無観客試合になるのではないか、と思いますが、とはいえこういった形でスポーツが再開に向けて動き出したという事は喜ばしいことだし、再開したとしても当分の間はTVやネットの中継での観戦が中心になると思いますが、もう少しだけ我慢して、1日も早くスポーツが再開して再び観戦に行ける日が来ることを待ちたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント