あと20年は待ちなさい。

男の子だったら誰でも一度は車にあこがれるものだと思いますし、自分の手で車を早く運転したい、と思うものだと思うんですよね。実際管理人も子供のころはそうだったし、実際大人になったいまでは自動車免許も持っていますけれど、こういうことがあると怒っていいのかどうなのか…

「ランボルギーニを買いに米カリフォルニアへ、5歳児が高速道路でSUV運転」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000022-jij_afp-int
「米5歳児が幹線道路でSUV運転、「ランボルギーニ買いにカリフォルニアへ」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-35153343-cnn-int

ユタ州の光速度悪露で挙動不審の車を発見してハイウエーパトロールが止めたところ5歳の男児が運転していた、というニュースですが、この男児3ドルしかもっていなかった、という話ですからはっきり言ってランボルギーニのミニカーも買えないじゃないか、と思いますし(因みに調べてみたところ日本だと実写の価格はランボルギーニ・ウラカンが大体2500万円、アヴェンタドールが大体4600万円)、ユタ州からカリフォルニア州って1200㎞以上あるんですぜ(しかも途中でネバダ州を通る。ちなみに日本だと東京~長崎間が道路で1200kmらしい)。そんな距離運転できると本当に思っていたのでしょうかね? まあ、もし仮に何億分の1の確率でカリフォルニアに行けたとしても家に帰されるのがオチだと思いますが。

なんでもこの5歳の男児はランボルギーニを買ってくれない母親と喧嘩したうえ、自分で買いに行こうと車を運転したというのですが、どうやって運転を覚えたのか、という気もしますが、確かに今の車は大体がAT車(管理人の車もAT車。免許そのものは「AT限定」じゃないのでMT車も運転はできるが)ですからエンジンをかけてアクセルさえ踏めば後は動き出しますが、車というのは動かすより停める方が大事だという話ですからね。おそらくこの5歳の男児は父親なり母親なりの運転を見て見様見真似で動かしたのだと思うのですが、まあ何より事故らなかったのがよかった、としか言いようがありませんが。今世界では車の自動運転の研究が進んでいるようですが、こういったことが起こらないような対策が必要でしょうね。

それとこの5歳の男児に一言。
そりゃランボルギーニを買いたい、という気持ちはわかる、わかるけれど20年ほど早いんじゃないかな? だから君が自動車免許を取って、自分で稼いだ金で(30万ドルは稼がなきゃいけないが)買えるようになったらカリフォルニアへ行って買ってきなさいね。

トミカ No.70 ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ (初回版)
トミカ No.70 ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ (初回版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント