こういう選手はどうするのだろうか?

開幕が6月19日に決定したことで来週の2日から約2週間練習試合(オープン戦ではないため、例えば「DHを2名使って打者10人で攻撃ができる」とか「点差に関係なく9回裏まで行う」と言ったことができる)を行うことが決定したプロ野球に続き、Jリーグも6月27日にJ2とJ3が再開(J3は開幕)7月4日にJ1が再開(ただし、7月4日の試合は無観客)と日本のスポーツ界も動きが出てきているようですが、アメリカのメジャーリーグは分配金をめぐって機構側と選手会がもめているようで7月5日に目指している開幕ができるのか、という気もしますが、同じようにマイナーリーグも開幕ができない状態が続いていますが、そんな中でこんなことがあったようですね。

「【MLB】相次ぐマイナー選手の大量解雇 1000人を超える可能性も」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed56f031a8a4854c6752988e3e226c3772bf395b
「米プロ野球のマイナーリーグで大量解雇 新型コロナウイルスの影響で“失業者”続出」
https://news.yahoo.co.jp/articles/86f88304158cf589afa3867c928484767e6cb63a

日本だとマイナーリーグというと2軍、3軍のイメージがありますが、元々マイナーリーグの球団というのはメジャーリーグの球団とは業務提携を結んでいる、というだけで独立採算制を取っているのですが、そのマイナーリーグも新型コロナの影響を受けて試合ができずに経営が苦しくなっているそうですね。
さらにメジャーの球団が傘下のマイナーリーグの球団に支払っている補償手当も打ち切る球団が出てきているという話ですから、これじゃ今年いっぱい持つのかどうかわからない球団も出てくるのではないか、と思われますが。
さらにマイナーリーグは1Aの球団を削減する方針を取っていますし、他の記事によるとこのままだと今年のマイナーリーグはシーズン中止になってしまうのではないか、というそうですからね。そうなると大量に解雇された選手が行き場をなくしてしまうことになりますし、もし仮にコロナ騒ぎが落ち着いたとしたら活躍の場を求めてアメリカの独立リーグや日本や韓国といった海外の球団に行く選手が増えるのではないか、という気もしますが。

いずれにせよ(日本もそうだが)アメリカのコロナ化が収まらないことには何とも言えませんし(いくら死者数が減り始めたとはいえ日本と比べればまだまだ多い)、このままっメジャーリーグが開幕できるのかどうかわかりませんが、マイナーの選手たちのためにも早く開幕してほしいなと思いますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント