折角の機会ととらえるしか

という事で新型コロナに対する非常事態宣言が本日全面解除となりましたが、ただすぐに経済活動を再開、というわけにもいかずに徐々に回復していく、というやり方を取っていくと思いますが、それはTV業界も同じようで、この春から数多くのドラマが収録中止となって再放送などでしのいでいますし、TV局政策のイベントも中止や延期となっていますが(例えば日テレの「鳥人間コンテスト」は今年は開催中止、「高校生クイズ」は夏の開催を延期し、場合によっては中止もあり得ると発表)、フジテレビが毎年放送している「27時間テレビ」が34年目にして初めて今年は制作中止となることが決まったようですね。

「フジテレビが27時間テレビ中止 新型コロナの影響で」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-05250031-sph-ent
「フジ系「27時間テレビ」中止、34年目で初 コロナ禍で苦渋の決断」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-00000522-sanspo-ent

1987年に1回目が始まってから今年で34回目となり、当初は8月中旬の放送(という事は当初の予定では8月9日に東京五輪が閉幕で、その直後だから、何か絡める予定だったのか?)を目指していたようですが、新型コロナの感染拡大に伴う東京五輪の延期や緊急事態宣言による外出自粛などがあって毎年のような番組制作ができない、という事で今年は中止を決めたようですが、ただ27時間テレビもここの所迷走していた感じがありましたからねえ。2016年まで7月に放送していたものの視聴率が取れずに2017・18年は9月、2019年は11月に放送して、しかも事前収録ということでわざわざ27時間やる意味があったのか、という声も多かったし、もし仮にコロナがなかったとして8月に放送したところで視聴率も回復するかな、という気もしますが(ましてや前回の放送から10か月というのは間隔が短くないか、という気もするし)。
以前「ワイドナショー」で松本人志が「(27時間テレビは)1回放送を休んでみては」というようなことを言っていましたが、折角の機会ですから1度じっくりと企画を練り直して、来年以降も放送するのか、はたまた2019年をもって終了とするかを考えてもいいような気もしますが。

で、他の記事を見てみると日テレの「24時間テレビ」の方が今年は9月5・6日の放送になるとかいう話ですね(管理人が知っている限りでは今までで一番遅い放送時期)。いや、東京五輪が影響があったのかどうか知りませんが(まあ、会場だって取れないだろうし、来年東京五輪が開催(されると信じているが)されたら、来年も同じような日程になるかもしれないし)、もしやるとしても感染防止の対策は十分にとってほしいし、企画もいろいろとありますから「24時間テレビでクラスター感染」という事だけは避けてほしいものですが…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント