果たしていつ頃再開か

6月19日の開幕を目指しているプロ野球ですが、非常事態宣言も北海道と首都圏の4都県(東京・神奈川・千葉・埼玉)を残すのみとなり、開幕に向けてかなり前進した感じがしますが、もう一方のJリーグは、というと本日NPBと合同で作った『新型コロナウイルス対策会議』でこういうことを決めたようですね。

「プロ野球、Jリーグ開催へ「無観客」「選手の検査」専門家チームが提言」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000105-dal-base
「Jリーグ、詳細なガイドラインを基に再開へ前進!無観客試合は「当面の間」実施か」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00010015-goal-socc

まあ、NPBは明確に「6月19日開幕を目指す」と明言していますが、Jリーグの方はそういう明言はないんですよね。ただいろいろと調べてみると7月再開(J3は開幕)を目指しているようですが、もちろんそれまでにもいくつかハードルがあるのは事実でして。
勿論記事の中にある選手の検査も当然ですが、例えば日程はどうなるのか、野球と違ってサッカーは連戦ができないのですから試合数の見直しも場合によっては必要となってきますし(J1だと2回総当たり×17チームの34試合だが、それこそ初期のように週2試合やらなければとても消化できないだろうし)、あるいは移動という面でいえばそれこそプロ野球以上に時間がかかることもあるでしょうから(最長で札幌ー大分だもんね。NPBの札幌-福岡より長い)、所謂「3密」の問題もありますしね。
それに「当面は無観客」という方針を受け入れることになったようですが、NPBも当面は無観客で試合を行い、徐々に観客を入れていくという方針を示したようですが(これは台湾プロ野球のやり方)、Jリーグもそうするとしたらいつごろから、という事もありますしね。
とはいえ最初にも書いた通り開幕に向けて明るい兆しが見えてきているのは事実ですし、これからクラブも全体練習をやることが増えてくる出h層から、それこそ明日始まってもいいくらいの気持ちになってほしいな、という気もしますが。

勿論これから開幕が決まり、無観客で行うとしても選手や関係者の感染を避けるために(いくら新規感染者が減ってきているとはいえ)、いろいろと対策を取らなければいけないのは事実ですが、3か月以上開幕を待っている野球ファンやサッカーファンも多いのですから、多少日程は短くなってしまうだろうし、しばらくはテレビやネット観戦、という事になってしまいますが、いろいろとスポーツが中止になっている今、少しでも明るい兆しになってほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント