そうなりそうな気はしていたが

という事で、先日から噂のあった今年の夏の全国高校野球の開催中止に関してですが、本日開催された理事会で正式に大会の中止が決定したようですね。

「夏の甲子園大会中止 大会会長「夢を絶ってしまうことになって私自身も大変無念」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-05200141-sph-base
「夏の甲子園延期は検討されず 高野連会長「夏休み中にしか実施は出来ない」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-05200154-sph-base

夏の大会の中止自体は戦局が悪化した1941年(~45年)以来とのことですが、その戦局を除いて春夏両方の大会が中止となったのは史上初めてという事のようですね。
いや、春の頃は新型コロナの感染が拡大していた頃ですから中止もやむを得ない判断だとは思いますが、今回の場合は感染そのものは減少していてなんでも関西の大阪・京都・兵庫の2府1県はは21日にも緊急事態宣言が解除されるのではないか、と言われていますが仮に解除されたとしても高校の部活動は休止している状態ですからね。仮に部活動を再開したところで(プロみたいに朝から晩まで練習というわけにもいかないだろうから)地方大会に臨むだけの練習を行う時間も少ないだろうし、そもそも夏休みを短縮する、という学校も出てきているのですから大会期間中に(まあ、会社で言うお盆休み辺りは休むだろうが)部員だけでも学校を休む、というわけにもいかないでしょうからねえ。
それに高校総体だって中止になっていることを考えると(高校総体と甲子園は主催している組織が違うとはいえ)甲子園だけやる、というわけにもいかないのでしょうね。
まあ、今年が最後の夏、という事で甲子園を目指していた3年生にとっては残念な結果になってしまいましたが、もしプロを目指している球児がいたらまだまだプロへの道は閉ざされたわけではないのだから(大体大会を検討しているところもあるというし)、そういう場でアピールを考えた方がいいかもしれませんね。

それにしても今年の夏はもし仮にコロナが終息したとしても、あれもやらないこれもやらないで寂しい夏になりそうな気がしますね(日テレでやってる高校生クイズも延期になったというし)。
このままだと今年の年末から来年の正月にかけて行われる高校サッカーや高校ラグビー、あるいは春高バレーも心配になってきますが、何とか開催できるようになってほしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント