やはり力士だからかねえ

スポーツ選手と新型コロナ、というと真っ先に思い浮かぶのは阪神の藤浪投手が感染した、という事だと思いますが(まあ、藤浪投手にとっては大変不名誉なことではあるが)、他にもJリーグやBリーグ(バスケットボールリーグ)でも感染者が出て入る者の重症化した、という話は聞きませんでしたが(野球評論家の片岡篤史氏や梨田昌孝氏も回復したしね。まあ、梨田氏は不整脈の症状があるとかでまだ入院しているらしいが)、角界で新型コロナによる死者が出たことが衝撃を与えているようですね。

「高田川部屋の三段目力士が新型コロナで死去 発熱後も数日間、医療機関が見つからず」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-05130112-sph-spo
「コロナ感染で死去の勝武士「糖尿病を患っていた」横野レイコ氏が明かす」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00000069-dal-spo

4月8日に入院して10日にはコロナに感染していたことがわかっていた、という話だ、確かその時にも報道がされていた記憶があるんどえすが、ただ相撲協会は十両以上の所謂「関取」と呼ばれるようになる力士でないと誰が感染したか公表しない、という決まりになっていましたからね。ですのでもし仮に回復したとしても誰か分からなかったのですが、それはとにかくとしてアスリートは我々よりは基礎体力があると思いますから仮に感染してもそれほど重症化しないのではないか、と思っていたのですがなんでも糖尿病の持病があったとかで。
まあ相撲取りというのはあの体型ですから糖尿病のリスクもかなり高いだろうし、そういった基礎疾患があると新型コロナが重症化する可能性が高い、と言われているものまた事実ですからね。さらに発熱から4日間も病院で検査が受けられなかったという話ですがもちろん例えば発熱があった日に即入院、となっても結果は同じだったかもしれませんが、いずれにせよ新型コロナというのがかなり厄介なシロモノである、という事だけは変わりがないでしょうが。
結局夏場所は中止となってしまいましたが、今後こういったことが起こらないように相撲協会は十分に対策を取ってほしいと思いますね。

新型コロナの感染が発覚し、入院していた石田純一が退院した、とか東京の感染者がここ数日40人を下回っている、とか管理人の住んでいる茨城県を含む39の県で非常事態宣言を解除する、といった明るい話題も多くなってきていますが、少しでも油断したらまた流行が発生してしまう可能性は十分になりますからね。ですから宣言が解除されたとしても感染のリスクがゼロになるわけではないですから、少なくとも今月いっぱいは十分に中止して感染を防ぐ努力をしなければいけないでしょうね。

呼吸器内科医が解説!  新型コロナウイルス感染症 — COVID-19 — - 粟野 暢康, 出雲 雄大
呼吸器内科医が解説! 新型コロナウイルス感染症 — COVID-19 — - 粟野 暢康, 出雲 雄大

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント