なんでここまで広がったんだか。

日本が冬のこの時期、ご存知の通り南半球は真夏ですが、オーストラリアはこの時期空気が乾燥していることと高温の影響で森林火災が起こっているのが(ちょっと適当な言葉が思い浮かばなかったので)恒例となっているようですが、当然のことながら現地の動物たちにも影響が出ているようで。

「コアラの焼死「数万匹」か 豪の森林火災、対応遅れに批判も」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000092-kyodonews-soci

なんでも森林火災の広さは北海道の面積を超えている、とかいう話のようでオーストラリアの大陸としての大きさを考えたら、北海道の大きさなんてそれほどでもないかもしれませんがそれでも日本から見れば十分な広さですからね。
それにコアラが焼死しているというのもあまりいい気持ちがしませんね。コアラが食べる葉っぱと言えばユーカリ、というのは誰でも知っているとは思うのですが、そのユーカリは油を取って使われることがあることからもご存知の通り油分が多い、という事でそれらに引火して、という事のようですが、それにしてもなんだってオーストラリア政府はこれまで対策や対応先を取ってこなかったのでしょうかね?

いや、森林火災を消すよりも自然鎮火した方がかえって費用が安上がりだから(まあ、北海道位の広さの火災を消すとなるとどのくらい時間と費用が掛かるのか分からないし)、という事もわかるのですがだからと言って野生動物たちが犠牲になっていい、と言う事ではないと思うのですが。それにオーストラリアだって絶滅危惧種に指定されている動物だっているはずですからそういった動物には被害が及ばないようにすることだってできると思うのですがね。
何かオーストラリア政府は1500億円を投じで復興支援機関の新設を発表した、という事のようですが、最初にも書いた通りオーストラリアは毎年のようにこの時期森林火災が起こっているのですから、そういった事態に備えての対策機関を常時設立する必要があるのではないか、と思うのですが。

あとどのくらい火災が続くのか分かりませんが、これ以上事態が悪化するのだけは避けてほしいし、1匹でも多くの野生動物が救助されてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント