どこまで広がるんだか

2017年のワールドシリーズを制し、昨年もワールドシリーズに出場(結果は4勝3敗でワシントン・ナショナルズが勝ち、前身のモントリオール・エクスポズ時代を含めて球団史上初のワールドシリーズ制覇)したヒューストン・アストロズですが、そのアストロズがサイン盗みをした、という疑惑がもたれていますすが(ついでに言えばそのアストロズの当時のコーチが今監督をやっているボストン・レッドソックスにも疑惑が出てきている)、そのアストロズに対してこんな処分が下されたようですね。

「サイン盗みアストロズに厳罰、監督とGMは職務停止1年で解任 ドラフトも2年間1、2巡目はく奪」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-01150000-sph-base
「【MLB】アストロズのサイン盗み騒動はなぜ起きた? 報告書から読み取れる事実「ヒンチ監督は…」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00661542-fullcount-base

ドラフト1・2巡目指名はく奪、と言われても日本人にはピンと来ないかもしれませんが、アメリカは完全ウエーバー方式ですから指名即交渉権獲得となるので結局欲しい選手が獲得できる機会が減る(まあ、無理やり日本のドラフトに例えるなら1巡目の入札に参加できず、指名は2巡目から、といったところか?)、という事ですし、春季キャンプまであと1か月というところでのGMと監督解任ですから今から新しい監督とGMを探さなければいけないのですからアストロズとしても大変なのではないか(場合によってはレッドソックスも同じ目に遭う可能性があるが)、と思いますが。

今回のサイン盗みの手口というのは電子機器を使ってベンチに知らせてベンチがごみ箱を叩くなどしていた、という事のようですが、こんなことをやる前に他にやることがあるだろう、という気もしまうし、こんなことまでしてアストロズがワールドシリーズ制覇したところで誰も、それこそヒューストンのファンだって喜ばないのではないでしょうか?
今後こういったことを防ぐためには(もちろんテレビ等の持ち込みは禁止されているが)例えばセンターカメラの周辺はテレビ局のカメラマン以外立ち入り禁止にするとか外野スタンドの警備員を増やして少しでもあやしい動きをしているものがいたら連行するとか方法をとるしかないでしょうね。
いずれにせよ最初にも書いた通りレッドソックスもサイン盗みの疑惑が出ていますし、この問題はまだまだ大きくなりそうな気がしますし、この分で今年のMLBは大丈夫なのか、と思えてきますね。

メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2020
メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2020

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント