果たして復活できるか?

今、高校野球界で大阪の強豪と言ったら大阪桐蔭か履正社だと思いますが、かつてはPL学園だった時代があって、甲子園でも春夏合わせて何度も優勝しており、プロ野球界にもOBを多数輩出していた高校だったのですが、不祥事が起こったことで部員が激減し、2016年をもって休部してしまったのですが、そのPL学園の野球部が復活に向けていろいろと動いているようですね。

「PL学園が復部も 桑田OB会会長「教団側が野球部の復部について考えている」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-01110026-sph-base
「PL学園が復部の可能性も 桑田OB会会長は将来的な監督就任に「夢はありますよ」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-01110042-sph-base

元々PL学園はPL(パーフェクト・リバティ)教団という新興宗教団体が作った高校で(こういった例は他にも奈良の天理高校とかもあるのでさほど珍しいことではない)、休部も教団側の意向があったという話のようですが、桑田真澄氏が何度も教団側と話し合いをもって復部に向けて動いているようですね。
まあ、桑田氏の場合は(管理人何度も言っていますが)野球人としては超が付くほどのド真面目な人間ですから話が間違って通じる、なんてことはないと思いますし(これが清原和博氏だったらどうなるか分からないが(苦笑))、他にもPL学園出身のOBが多数協力しているようですから、こういった人々が動くのはいいとは思いますが、まだまだハードルは高いかもしれないですね。

もし仮に復部したとしても部員を集めるのはもちろんのことですが、監督なども決めなければいけませんし(ちなみに桑田氏は「アマライセンスを取るつもりはない」と言っているので監督就任の可能性は低そうだが)、何よりもまた不祥事を起こさないよう注意しなければいけないし、それに1年や2年でかつてのように強くなれるとも思えませんからね。少なくとも5年はかけないと真の意味でも「PL復活」とはならないと思うのですが。
まあまだまだ復部に向けての道は始まったばかりだと思いますし、何年先になるか分かりませんが、高校野球ファンとしてはやはり「PL学園」というのは特別な存在ですからね。
管理人もそう遠くない将来に「PL学園野球部復活」のニュースが入ってくることを期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント