来年は上がれるのだろうか?

2013年、ニューヨーク・ヤンキースからドラフト2巡目で指名されたアメリカ生まれの日本人で加藤豪将(ごうすけ)という内野手がいますが、今年ヤンキース3Aのスクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースで活躍したものの、ヤンキースの選手層の分厚さに阻まれたか、結局メジャー昇格はならず、今年自由契約となってしまったそうですが(なんかMLBの規定で入団から6年間1度もメジャーに上がれなかったマイナーリーグの選手は自動的に自由契約となってしまうらしい)、その加藤選手がマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだそうですね。

「加藤豪将がマーリンズとマイナー契約、来春招待選手」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-12090530-nksports-base
「マーリンズとマイナー契約の加藤は日米融合の個性派」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-12090480-nksports-base

来年のマーリンズのキャンプで招待選手として参加し、内容如何ではメジャー契約に変わる可能性もある、という事のようですが、マーリンズと言えばイチロー選手がヤンキースの次に所属していたことがあったし、オーナーの一人が元ヤンキースのデレク・ジーター氏、となんだかんだでヤンキースと結構縁があるな、という気がしますが(笑)。
いや、正直言って管理人も加藤選手は3Aで主力として活躍していたこともあって、今年こそもしかしたらメジャー昇格あるのかな、と思っていたんですよね。ただヤンキースというのは選手層が分厚い球団だし、ポストシーズン(リーグチャンピオンシップ)でアストロズに敗れたものの、2位のレイズに7ゲーム差というぶっちぎりでアメリカンリーグ東地区優勝をしていますからね。そう考えると加藤選手が昇格できる要素も少なかったのかな、という気もしますが、マーリンズは今季57勝105敗というナショナルリーグ東地区最下位という成績でしたから、来年は少しでも勝てるようにチームの強化策の一環として選手の入れ替えも多く行われるでしょうから、ヤンキースよりはメジャー昇格できる可能性はあるのではないか、と管理人は思いますが。

まあ、もちろん今年並みかそれ以上の活躍をすることが絶対条件ですが、今年はあと一息というところまで来たのですから、来年こそは、と本人も思ってるでしょうね。
なんか聞いた話では将来の侍ジャパン入りも目指しているらしいですが、そのためにも来年こそはメジャーの大舞台になって加藤豪将をアピールしてほしいと思います。

(ニューエラ)NEW ERA MLB 9FORTY MLB ベーシック マイアミ・マーリンズ ホーム [ジュニア] 11310071 ブラック 5557
(ニューエラ)NEW ERA MLB 9FORTY MLB ベーシック マイアミ・マーリンズ ホーム [ジュニア] 11310071 ブラック 5557

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント