5年越しの夢だったのにねえ

宮崎駿監督が描き、劇場版のアニメも大ヒットした漫画「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎になる、という事が話題となり(なんか来年2月に1日の公演を前後編2回に分けて映画館で公開されることも決まったそうだし)、一昨日、すなわち12月6日から上演されましたが、3日目にして大アクシデントが発生したようで。

「尾上菊之助、新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』公演で負傷 夜の部公演が中止に」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000330-oric-ent

何か今回の歌舞伎は原作漫画全7巻(劇場版アニメは最初の1巻のアニメ化)を「昼の部」と「夜の部」の2回に分け上演する、という方式を取っているそうで(昼の部が午前11時から、夜の部が午後4時30分からという事を考えると途中30分休憩を入れると考えても全編上演に10時間くらいかかる、ってことか?)、そのうちの夜の部が中止という事ですから、今日観劇に行った人は残り半分を見ないまま帰る、という事になってしまうんですね。
それにしても怪我の具合がどういったものか分かりませんし、明日からの公演もどうなるか未定とのことですが、もしこのまま残りの日程も中止となったら「5年越しの夢がかなった」と言っていた尾上菊之助にとっても周りの人たちにとっても気の毒なのではないか、という気がしますが。

いや、管理人は歌舞伎のことはよくわかりませんが、例えばこれが演劇だったらダブルキャストと言って同じ役に俳優を二人用意していることが多いですから(おそらく交代で演じるのだと思うが)、残った一人が代役という事で残りの公演を行うことがあると思いますが、歌舞伎ではそういうわけにもいかなかったのでしょうかね? まあもし仮にそうだったとしてもこれだけの長時間を一人で演じ切るというのも大変なのは変わりがありませんが。

上にも書いた通り明日からの公演も未定という事だし、もし仮に中止となったら映画館での上映も不透明な部分があるし、後日日を改めて再演、という事も考えられるかもしれませんが、いずれにせよ怪我の具合がどれくらいなのか、もし明日以降、あるいは数日休む程度の怪我であるならばまずはけがを治すことを最優先に考えるべきでしょうね。
いずれにせよ5年越しの夢がたった3日で終わり、とはシャレになりませんから。

風の谷のナウシカ [Blu-ray]
風の谷のナウシカ [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント