始まるまでまだまだ問題が起こりそうな

開催1年を切った今年の10月になって紆余曲折の末、札幌開催が決まった東京五輪のマラソン(因みにパラリンピックの方は東京で開催)ですが、開催が決まったとは言え大切なのはそのマラソンのコースという事になりますが、それがまたこんな問題が起こっているようで。

「札幌移転マラソンコース決着せず 大通公園発着と日程は決定」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000176-kyodonews-spo
「マラソン・競歩 会場は札幌大通公園で発表も…マラソンコース2周目以降決まらず」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000111-dal-spo

まず話を整理すると決定しているのはマラソンのスタート・ゴールが大通公園であること、札幌開催の競歩とマラソンを8月6~9日の4日間に分けて開催すること及びスタート時間(6日午後4時30分スタート男子50km競歩、7日午前5時30分スタート男子20km競歩・午後4時30分スタート女子20km競歩、8日午前7時スタート女子マラソン、9日午前7時スタート男子マラソン)が決まっているのですが、肝心のコースが決まっていない、という事でして。
ご存知の通りマラソンは42.195kmを走るのですが、そのマラソンで周回コースというのはよくあることで確か前回のリオ五輪(2016年)も2周の周回コースだったと記憶していますが、その周回コースを「20kmと2周」とする札幌市側と「7kmを6周」とする世界陸連側との意見が合わない、という事のようですね。
なんか記事によると「1周目は20kmの周回コースで決定」というのもありますが、だとしたら残り21kmちょっとをもう1周20Kmにするかあるいは7kmを3周(端数は調整)という事になると思うのですがなんかここまでくると何でここまでゴチャゴチャになったのかな、という気がするんですよね。まあ、そもそもの問題は開催期間が7月24日から8月9日と猛暑の時期に行うからであって、1964年みたいに(台風のリスクはあるが)開催時期を10月上旬から中旬にでもすればここまで問題にならなかったのではないか、と思うんですよね。
まあ、今更IOCに文句を言っても始まりませんが、開催まで230日ちょっととなった今、とにかく札幌市の準備も都合もあるでしょうから早いうちにコースの問題も決着をつけてほしいですね。
とはいえ、新しい国立競技場もできたとはいえ、開催までにまだまだ問題が出てきそうな気がしますね。もちろんそれらを乗り越えて東京五輪・パラリンピックは大成功に終わってほしい、と管理人は思いますが。

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switch
マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switch

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント