もうひと働き出来るだろうか?

12月に入ってプロ野球界は契約更改や選手の移籍といった話が出てきていますが、阪神を自由契約になった鳥谷選手はいまだに移籍先が見つからず、一方でヤクルトを自由契約になったバレンティン選手はソフトバンクが狙っている、なんて話もありますがそんな中、中日ドラゴンズを退団した松坂大輔投手が14年ぶりに古巣の西武ライオンズに復帰することが正式に決まったようですね。

「西武、松坂大輔との契約合意を発表 “平成の怪物”14年ぶり古巣復帰「努力していきたい」」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00010007-baseballc-base
「14年ぶり西武復帰の松坂が11日に入団会見 1年契約、渡辺GM「引退は一切考えず…」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00623439-fullcount-base

まあ、中日を退団した時から「古巣の西武に戻るのでは…」と言われていたので、管理人は大して驚きませんでしたが西武時代は「平成の怪物」と言われていてエースとして活躍していた選手でしたからね。その選手が令和の時代に戻ってくる、というのも何かの因縁でしょうか?

で、1年契約というのも松坂投手の年齢(39歳)を考えると妥当なところかな、という気がしますし、前にも書いたと思いますが、松坂投手が投げたところ(といったもその前に1軍で投げる機会があるかどうかが大切だが)で今シーズンリーグワーストだったチームの防御率が劇的によくなるとも思えませんが(苦笑)、どちらかというと球団は日米を股にかけ、オリンピックやWBCといった国際大会にも出たことのある経験を期待しているのではないか、と思うんですよね。
まあ、今後仮に引退したとして指導者としての道を歩んでほしいと西武球団が考えているかどうかは分かりませんが、その経験は今の若い選手たちにとっても手本になるかもしれませんし、やはり参考にしてほしい部分があるのだけは変わりがないでしょうが。

何か11日に入団記者会見を行う、という話でその場で何を言うか分かりませんが、一つだけ気を付けてほしいのは日本球界復帰後に所属していたソフトバンク時代の3年や今年のようにけがで1年を棒に振る、という事だけは避けてほしいですね。そうでなくてもソフトバンクにいた3年で「松坂もここまで堕ちたか」と言われ中日移籍後は「結局2018年の1年間だけしか活躍できなかったじゃないか」と言われるのは本人にとっても不本意の事でしょうから。

埼玉西武ライオンズ メンズ パーカー 長袖 プルオーバー スウエット ジャージ フード付き 秋冬服 スポーツ カジュアル 春/秋/冬 S-3XL
埼玉西武ライオンズ メンズ パーカー 長袖 プルオーバー スウエット ジャージ フード付き 秋冬服 スポーツ カジュアル 春/秋/冬 S-3XL

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント