どこかで断ち切らなければいけないんだけど

スポーツ界の悪しき習慣の一つに「入場者数水増し」というのがあって、それが問題になることがありますが、JFL(J3の下のカテゴリーでJ3参入を目指すクラブやアマチュアのチームが混成で戦うサッカーリーグ)でこんなことがあったようで。

「5年間入場者数水増しのJFL奈良クラブ、罰金100万円などの処分内容が発表」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-43475958-gekisaka-socc
「JFL、入場者数水増し発覚の奈良クラブに罰金100万円などの処分 中川社長は辞任を発表」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-12260138-sph-socc

JFL所属の奈良クラブというクラブが5年間入場者数水増しをやっていた、という事で罰金100万円などの処分が下された、という事のようですが、なんでもJFLからJ3に昇格するためには平均入場者数が2000人以上必要、という事でその条件を満たすために水増しをしていた、という話ですが、いや、これが今年からやっていた、とかだったらまだ情状酌量の余地もありますが、5年間もやっていたら厚顔無恥としか言いよう長にと思うのですが。

管理人、このニュースを見てからネットで調べてみたのですが(今はいい時代ですな)、500人程度しか入っていないのに1200人以上入っただとか1100人のところを2000人入っていた、なんてのはいくらなんでも盛りすぎだし、この度辞任を発表した社長は「スタッフを間違えて数えた」と言っていたようですが、だからと言って700人とか900人なんて数、スタッフはいないでしょうが。もしこれが発覚しないで奈良クラブがJ3に昇格していたとしたら大変な問題になっていたのではないか、と思いますが、ある意味今発覚してよかったのかもしれませんが。

まあ、奈良県というのは1400年前は日本の首都だった、とはいえどうも大阪や京都と比べるとあまり話題になることが少ないし、スポーツもこれといったチームがありませんから(かつて関西独立リーグ(初代)の時に「大和侍レッズ」というチームがあったが1年で消滅)、奈良クラブに期待が集まっている部分があるかもしれませんが、だからと言って焦ってJ3参入を目指しても良い結果は生まれないと思うんですよね。
来年度以降奈良クラブがどうするか分かりませんが、長期的な視野に立って少しずつ観客を増やしていき、数年後のJ3参入を目指す、という策を取った方がはるかに健全だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント