そんな年だったとはねえ

先日の「金曜ロードSHOW!」で新作が放送され、今週金曜日(12月6日)にはシリーズ初の3D作品が公開される「ルパン三世」ですが(ただ監督が山崎貴監督だからなあ。同じフルCG作品の「STAND BY ME ドラえもん」や「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は評判悪かったし、今作もどうなるか心配)今年は原作者のモンキー・パンチ先生が亡くなる、といった悲報がありましたが、この方も亡くなったそうですね。

「声優・井上真樹夫さん死去、81歳 「ルパン三世」二代目・石川五ェ門役」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000371-oric-ent
「井上真樹夫が狭心症悪化のため80歳で死去、「ルパン三世」石川五ェ門役など」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000107-nataliec-ent

2010年に声優が3人替わった(五ェ門:井上氏→浪川大輔、不二子:増山江威子→沢城みゆき、銭形:納谷悟朗→山寺宏一)後も続投している次元役の小林清志氏が御年86歳という事ですから(ただ数年以内に替わりそうな気がするが)それよりも年下だったのか、という気もしますが、それはそうと記事を見てみると「ああ、そういえばこの役もやっていたな」というのがありますよね。キャプテン・ハーロックはテレビアニメの他に「銀河鉄道999」の劇場版(ただ3作目の「エターナル・ファンタジー」は山寺宏一氏がやっていたが)やハーロックが主役だった「わが青春のアルカディア」なんてのも出てきましたし、記事にはありませんが劇場版「機動戦士ガンダム」のIIとIIIに出てきたスレッガー・ロウ(TVアニメ版は玄田哲章氏が担当)もやっていましたしね。

まあ、それにしても本当、管理人がよく知っている声優さんが亡くなる、というのは寂しいものですよね。
井上氏が花形満役だった「巨人の星」で明子ねーちゃん(「新・巨人の星」ではナント花形と結婚している。それにしても「巨人の星」も段々と故人が増えてきているのね。ちなみに飛雄馬を演じていた古谷徹は当時中学3年生だったとか)をやっていた白石冬美さん(因みにTV版&劇場版のファーストガンダムではミライさんをやっていた)も今年亡くなったし。
声優というのは70歳になっても80歳になっても声が元気であれば確かにいつまでもできる商売だとは思いますが、ただやはりこういった病気というのもあるわけですし、あまり無理はしないでほしいと思いますが。
最後にもう一つ。結果的に栗田貫一ルパンのデビュー作となった映画「くたばれ!ノストラダムス」(1995年)の時には最後に山田康雄氏を追悼するテロップが入りましたが、もし今回同じようにテロップを入れるとしてもあと5日で間に合うかしら…

ルパン三世 カリオストロの城 [DVD]
ルパン三世 カリオストロの城 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント