そんなことしなくてもいいのに

何年前だったか、「ペニーオークション詐欺事件」というのが起こり、それで芸能人がSNSで「ステマ」(ステルスマーケティング)を行ったことが問題となりましたが、今になって別のところでその「ステマ」が問題になっているようですね。

「ディズニー、「アナ雪2」以外でも“ステマ”あったと認める 「アベンジャーズ」「キャプテン・マーベル」「アラジン」でも類似行為か」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000051-it_nlab-sci
「ディズニー、アナ雪2のステマ騒動で再びコメント 「クリエイターに責任はない」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000064-zdn_n-sci

ディズニーといったら今現在「アナと雪の女王2」が大ヒットし、来週の20日は「スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」の公開が控えている、とヒット作を数多く世に送りだしている映画会社としても有名ですが、そのディズニーがその「アナと雪の女王2」の感想漫画のtwitter投稿に端を発した「ステマ疑惑」というのが持ち上がっているようですが、どうもディズニーは以前から一連のマーベル作品をはじめとした映画のステマをやっていた、という事のようですね。
いや、管理人正直言って「なんでディズニーがそんなことやるの?」という気がするのですが。

いや、ディズニーは今やマーベルコミックスやルーカスフィルム(「SW」の制作会社)といった数多くの映画製作会社を傘下に収めているし、これまでにも数多くのヒット作を世に送り出しているのですから、別に黙っていても客が劇場に入るくらい映画会社のブランドとしては超一流だと思いますし、実際そうだと思うのですがねえ。それなのになんでステマと疑われるようなことをするのか、と思うんですよね。
いや、もちろんこれで「アナ雪2」の客入りが途絶える、だとか「SW エピソード9」に客が入らなくなる、なんてことはないと思いますから別に普通に宣伝活動を行えばこんな問題が起こることはなかったのではないか、と思いますが。

ちょうどいま日本では所謂「お正月映画」の公開時期として各映画会社も今まで以上に力を入れていると思いますが、こういった出来事が起こってしまうのは迷惑に感じているのではないでしょうか?
いずれにせよディズニーは今回の出来事を十分に反省して、次作以降はこんなことがないように願いたいですね。

アナと雪の女王 2  オリジナル・サウンドトラック - ARRAY(0x137d3938)
アナと雪の女王 2 オリジナル・サウンドトラック - ARRAY(0x137d3938)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント