日本でもあり得ることかね?

ヨーロッパではイスラム原理主義者による(と思われる)テロ行為が後を絶たないようですが、昨日ロンドンで5人が襲われ2人が死亡、3人が重軽傷を負い、容疑者の男はその後警官に射殺された、という事件がありましたが。

「ロンドン橋で襲撃、5人死傷 射殺された容疑者はテロ罪で有罪歴」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-50611561-bbc-int
「ロンドン刃物襲撃事件、容疑者取り押さえた市民らに称賛集まる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000007-jij_afp-int

まず管理人が驚いたのが容疑者が射殺される間まで一般の市民が刃物を持っていた容疑者を取り押さえていた、という事で。いや、取り押さえて刃物を奪ってしまえば確かにこっちのものですが、容疑者は偽物とは言え、自爆装置らしきものと思われるベストを着ていたというんでしょ? 幸い偽物だったから事なきを得ましたが、もし本物のダイナマイトでもついていたらとてもじゃないが被害者が5人では済まなかったのではないか、と思いますが。
それにしても射殺された容疑者はテロ罪で有罪判決を受けて保護観察中のみだ田っという話ですが、なんだってそのような人物を保護観察にしたのか、という気もしますね。そうでなくともヨーロッパはテロの標的にされやすいのですからそう簡単にじょご観察処分にするのもどうかと思いますが、今後当局は保護観察処分にする条件をもっと厳しくする必要があるかもしれませんね。

で、今回のこういった事件ですが、来年は東京五輪という事で世界中から観光客が集まると思いますが、果たしてこういったことが日本でもあり得ることなのでしょうかね?
いや、過去日本で行われた数々の国際大会では幸いにもこういった事件は起きていませんが、だからと言って将来こういったことが起こらない、とは限りませんし(まあ、ヨーロッパと比べると日本はあまりにも遠い国だからさすがにそこまで行くほどの金もないのかもしれないが)、こういったことが起こったら国際的な信用にもかかわる問題にもなりますからね。
ちょうど今日来年のオリンピックのメイン会場となる国立競技場も完成したことだし、これから来年に向けて様々な対策を取っていってほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント