そこまでやるというのも…

管理人もPS4やSwitchを持っていますからそっちの方のゲームはやりますが、スマホのゲームアプリはダウンロードしたのもいくつかありますが、ちょっと遊んで「スマホの小さな画面だし、操作(いわゆるスワイプが)もやりづらいなあ…」と思ったので全くと言っていいほど遊んでいないのですが、こういう調査結果が出ているようで。

「「休日6時間超」12% 学業、心身に影響も ゲーム依存、初の実態調査」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000144-jij-soci

ちなみに管理人もちょっと考えてみたのですが、確かに平日は1時間ちょっとしかやっていないんですよね。まあ、昔はもう少し長くやっていたのですが、どちらかというと最近はPCのネットの方に比重を置くようになったし、ゲームそのものも反射神経が必要なアクションゲームよりも頭を使って好きな時にやめられるパズルゲームなどの方をやるようになったという事でプレイ時間が短くなったのかな、という気がするんですよね。
それに上にも書いた通りスマホのゲームはプレイしていないし、課金システムはあまり好きではない(だから課金に何十万も使うなんて信じられない)のでどうしても欲しいDLCがあるときなどに使う程度だし、ネット対戦はマナーの良くない連中と当たりたくないのでまずやらない、という事ですから(苦笑)、そりゃ全体的に長いはずがないのかもしれませんが。

いや、6時間超のゲームをやる、というのはとにかく、中には昼夜逆転の生活になった、とか友人や恋人との関係も危うくなった、というのを見るとなんでそこまで、という気がするんですよね。まあ、これはスマホで気軽に遊べるようになった、というばかりではないと思いますが、だからと言って自分の生活を危うくするようなことになってしまうというのはどうも…。
それに課金システム自体はクレジットカードが必要になる場合だってあるんですよね? 社会人ならとにかく学生が使うとしたら親のカードという事になると思うのですが、そんなに金を使われたら親だって大変なのではないか、と思うんですよね。
正直言って管理人はゲーム擁護派ですからこういった問題が起こるたびに「だからゲームは云々」という言葉には反発を覚えますが、過ぎたるは及ばざるがごとしとも言いますからちゃんと節度も守って楽しくプレイした方が精神衛生上いいことなのではないか、と思いますが。

そんな6時間もプレイして学業や仕事に影響が出るような人には昔流行ったこの言葉を送りたいですね。
「ゲームは1日1時間!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント