そのうち全国に広まるのかね

「京アニ」こと京都アニメーションの放火事件から1週間が過ぎ、その間にいろいろなことあり、なんか世界中から寄付金が集まっている、という話も聞きますが、肝心の容疑者がいまだに意識が戻らないので事件の全容がいまだにわからない部分がありますが、その容疑者が事前にガソリンスタンドで携行缶にガソリン40リットルを購入していた、という事が分かったことで(事件の起こった)京都市が市内のガソリンスタンドにこういった要請をしたようですね。

「ガソリン販売で身元確認を…京都市、GSに要請 」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190725-OYT1T50200/

「従業員がいるGS」と言っても管理人がいつも給油しているGSはセルフ式ですけれど(というか最近はそう言ったセルフ式GSが日本でも増えている気がするのだが)、そこだって従業員がいますから、どう言った線引きをしてるか分かりませんが、ただそういったセルフ式のGSでは持ち帰りの購入はできないでしょうから、従来通りの「従業員が給油する」というそれだと思いますが、管理人今までそういった販売に関して別に身分証明などがいらなかった、というのに驚きまして。
いや、もちろんガソリンを使うのだっていろいろと理由があると思いますし(もちろん大抵は車に入れるものだと思うが)、どうしても車で来れない、という人もいると思いますが、ある意味で危険物なのですから「何の使うのですか?」と言ったようなことを聞くのが普通なのだと思うのですが、そういったこともやっていなかったとはねえ。
もちろん今回の事件のように「建物に放火するために使う」と言ったように馬鹿正直に答えるような人物はいないと思いますが、こういった事件が起こったとなるとどうしてもそういう目的に使うのでは、と思うのが人間ですからね。そういった意味では今回の京都市の対応は当然と言えば当然だし、ゆくゆくは全国に広まるかもしれませんが、ただ一つだけ問題があるとしたら桃とを持っているものを持っていない人がいたらどうするか、だし、もし身元確認をしても今回のような事件が起こった場合、ガソリンを売ったGSの責任問題に発展する可能性もありますからね。その辺もよく考えた方がいいと思いますが。

それにガソリンではありませんがホームセンターでは灯油を売っているところもありますからね。GSがだめならホームセンターで、という不埒な輩がいないとも限りませんから、ホームセンターも対策を考えた方がいいかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント