移植版とは言うけれど

ゲーム業界というのは日進月歩なところがあって、PS4やSwitchといったハードが進化しても昔のゲームのファンというのも多くて、それぞれのハードでそういったレトロゲームを発売することもありますが、その場合は当時のゲームをそのまま移植するか、あるいは現代風にアレンジするかのどちらかだと思いますが(もちろん「レトロモード」「アレンジモード」みたいな感じで両方収録しているのも多いが)、今度はこんなゲームが出るそうで。

「初代『モンスターファーム』の移植版が2019年に配信決定。実際のCDを読み込んでモンスターを誕生させる、育成シミュレーションの名作が復活」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00085310-denfami-game

そういえば「モンスターファーム」ってテレビアニメにもなっていたよな、という事も思い出しましたが(因みに調べてみると1999年4月から2000年9月まで放送していた)、いずれにせよ今回配信されるのは一番最初のPS版という事になるようですが、対応ハードが決まっていない今何とも言いようがないのですが、モンスターファーム一番の売りである「モンスターの作成」はどうするのでしょうね?

というのも「モンスターファーム」というのは最初にモンスターを作成するときハードによって音楽CDやDVDを読み込む、あるいは(CDが使えないDSのような機種は)文字を入力する、あるいは内蔵のマイクで声や音を出す、と言った方法を使うそうですが、PS4はDVDとBDは読み込めるもののCDは読み込めませんし(だからPS3時代のゲームにあった「CDから音源を読み込んでそれをBGMに使う」というのができない)、Switchはカードソフトもしくはダウンロードですから言わずもがなですしね。もしPS4だったらDVDやBDを読み込ませる、というシステムに変えるかもしれませんが、だったら初代ではなく、PS2で続編が出ていますからそっちの方を移植する、あるいは新作を出す方が手っ取り早いのではないか、と思いますが。

まあ、配信という事なのでパッケージソフトではなくダウンロードソフトという事になるかもしれませんし(その方がコストを抑えることができるというメリットはあるのだが)、情報が足りないので何とも言えませんがいずれにせよ続報を待った方がいいのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント