このままじゃ吉本はだめになると思う

ということで昨日のフジテレビ系「ワイドナショー」で予告された通り、宮迫博之と田村亮の記者会見を受けて吉本興業の岡本昭彦社長が記者会見を行いましたが。

「吉本・岡本社長 会見で涙の謝罪「芸人ファーストでなかった」 さんまの言葉にも涙」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000094-dal-ent
「吉本社長会見中に所属芸人からツッコミ続出「悲しいわ…血の通った発言を聞きたいんです」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000218-spnannex-ent

まず今回の件に関して会社に直接乗り込んで「記者会見しないと駄目になる」と言った松本人志と東野幸治の二人はよくやったといいたいですが、ただこの二人もこんな形の記者会見は望んでいたのかな、という気もするんですよね。
いや、管理人も概要を見ただけでちょっとよくわからないのですが、宮迫と田村亮の「処分の撤回」というのは何なのか、「契約解消」の処分の撤回なのかそれとも「無期限謹慎」の処分の撤回なのか、というのもわかりませんし(そもそも反社会的勢力から金はもらっていたのは事実なんだから無期限謹慎は撤回の必要はないと思うし)、他の質問に関しても歯切れが悪くのらりくらりとした毛会見だったそうですし、何よりも「テープ発言」「クビ発言」に関して「冗談のつもり」と言ったところで、芸人と面と向かって話し合いをしている場で冗談と受け取る人なんているのか、という気もしますが。

で、まあこれは松本人志がそういう風に勧めたこともありますが、本人と大崎会長は辞任せずに1年間給与50%カットという事を決めたそうですが、この記者会見が行われる前に放送された日テレ系の「スッキリ!!」で加藤浩次が今回の一件に関して首脳陣に対して激怒し「経営陣が変わらなければ退社する」と発言するほど(これに関しては話し合いをするといっているが)、吉本興業の芸人からも不信感を持たれていることも事実ですからね。これから何度も吉本興業の芸人たちと話し合いを続けていくこととなると思いますが、いずれにせよこのままでは吉本がだめになってしまうことだけは変わりがないでしょうね。

この騒動はまだまだ始まったばかりだと思いますから、本当に誰もが納得できるような着地をしてほしいと思います。

この記事へのコメント