芸能界からも言われているようで。

という事でもう少しだけこの話題を続けようかと思っています。
昨日行われた宮迫博之と田村亮の「闇営業」に関しての謝罪会見があったはかなりの環境を巻き起こしたようで、例えばビートたけしが当日夜の出演番組「新・情報7daysニュースキャスター」で「芸人は猿回しの猿で、その猿が人を噛んだとしたら猿じゃなく飼い主が謝るべき」といった形で吉本興業を批判し、明石家さんまが「(宮迫を)事務所に欲しい」「いつだって芸人の味方」と発言したりしていますが、そんな中松本人志(と東野幸治)が仕事で行っていたいた大阪から東京に戻ったその足で吉本興業東京本部を訪ねて、会長と社長と直談判し、その時の話の内容を急遽生放送となったフジテレビの「ワイドナショー」で語ったりと言ったことがありましたが、今回の件に関して吉本興業側が明日(22日)に記者会見を行う、といったようですね。

「吉本興業 岡本社長が22日に会見へ 松本要求「そうしないとこの会社はダメ」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000046-dal-ent
「松本人志 衝撃の告白「吉本興業にはいたくないかもって…」会社側の「静観」態度に不信感」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000191-spnannex-ent

まあ、なんか吉本の大崎社長はもともとダウンタウンのマネージャーだったという事で話しやすい人物だったという事なのかもしれませんが、確か「松本、動きます」とかなんとかツイッターでいったその日に早速この行動をとるんですから偉いと思いますし、直談判してまで社長に記者会見を開かせることにしたのですから(ちなみに宮迫らとの話し合いの場を持つことも約束させたらしい)、これだけの大物が動いたというのはそれだけこの事態が大きいものである、という事なのかもしれませんが。
とはいえ、もし仮に松本人志が動いていなかったとしてもそれこそ吉本興業はいずれ記者会見をしなければいけなかったと思うんですよね。あの記者会見に対して言いたいことだってあると思いますし、もしこのまま事態の鎮静化を図ろうとしたら「なぜ記者会見を行わないんだ」という事になってますます世間の風当たりは冷たいものとなるでしょうし、それこそいつぞやかのNGT48みたいに社会的信用を失わないとも言い切れませんからね。

まあ明日の記者会見でどういったことを言うか分かりませんが、いずれにせよこれで吉本興業が少しでもより良い方向に動いてくれるといいのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント