VARを導入したとしたら

昨日行われたJ1の横浜F・マリノス対浦和レッズで「誤審騒動」が起こったことが話題となっていますが。

「横浜FM×浦和の誤審騒動はなぜ起きた? 一度はゴール認定も…二転三転のお粗末判定」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190714-00203492-soccermzw-socc
「槙野も指摘。横浜F・マリノス対浦和レッズ“誤審騒動”の問題点はどこにあるのか?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00010002-wordleafs-socc&p=1

そもそもの事の発端は後半14分に横浜が2点目のゴールを決めた→一度はゴールと判定されたものの浦和側のアピールでオフサイドという判定になった→今度は横浜FM側のアピールで結局得点が認められた、という事になったのがきっかけですが、それにしても10分近くももめるとはねえ。
管理人もDAZNでそのシーン(だけ)を見ましたけれど、もしこれでVARが導入されていたら判定も変わっていたかもしんれないな、と思いましてけどね。
いや、もちろんあの場面でオフサイドの判定が出たとしても横浜FMは勝ったかもしれませんが、それでもここまで問題にはならなかったとは思うのですが。

いや、JリーグでもVARを導入する、という話があってルヴァンカップなど一部の試合で試験導入する、という話があるようですが、ただVARも費用そのものがかかるというし、先日行われたコパ・アメリカや女子ワールドカップでもVARでちょくちょく試合が止まって流れが変わった、という批判もあるようですしね。それにVARを導入してもVARに慣れるまで時間がかかるでしょうし、やはり同じようなトラブルが起こるのではないか、という気もするのですが。
これは管理人の個人的な意見ですが、VARを導入する設備や費用がない国などもカバーするためにFIFAもルールを改正してNPBのリクエスト制度みたいに(もちろん1試合に何回、といったような制限を設ける必要があるが)、監督が要求した場合に審判団4人が別室でビデオを見て判定するビデオレフ制度を導入してもいいのではないか、と思いますが。

いずれにせよこういった誤審がないように審判団もレベルアップするのが一番大切なのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント