自分で蒔いた種なんだから

暴行事件から半年が経ったものの、いまだにくすぶり続けている感がするNGT48の山口真帆暴行事件ですが、木野、その山口真帆がNGT48卒業公演を行ったようですね。

「既に内定 山口真帆 AKB不在事務所に移籍へ 多方面で評価高く」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000001-spnannex-ent

いや、管理人元AKB(含む他グループ)をやめたタレントがどういった事務所に移籍したのか管理人は分かりませんし、関係者の言う山口真帆が移籍する「AKBグループの現役メンバーや卒業生が在籍していない大手芸能プロダクション」というのもどこなのかちょっとわかりませんが、なんか聞いた話では秋元康が今回卒業する3人の移籍先について関係各位に話を持って行った、という噂を聞きますし、今回の事件に関してはコメントはしていないものの、もしかしたらNGTのスタッフに対して秋元氏も不信感を持っていたのかな、という気もしますが、まあいずれにせよこれから心機一転、新しい事務所で活躍してほしい、と思いますが。

で、今回の表題である「自分で蒔いた種」というのはそのAKBグループに関することで。

「NGT山口騒動で…AKB48グループ史上最悪の状況、紅白出場へ漂う不安」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000152-spnannex-ent

いや、NGTは紅白に1度も出ていませんが、そもそものグループの始まりとでもいうべきAKB48にもかなり危機的状況が訪れているとかいう話ですね。いや、何度も言っていますが、山口真帆の事件が発生した際に誰もが納得いくような形で対応をとっていればここまで事態は大きくならなかったと思いますが、結局後手後手の対応がここまで事件を大きくしてしまったようなものですからね。いや、AKBをはじめとする他のメンバーにとっては迷惑な話かもしれませんが、結局運営がああだから自分たちにも影響が出てくるのだし、下手したらAKBグループ全体が崩壊してしまいかねないことだと思うのですが。

まあ、いずれにせよ、ここまで来てしまった以上、AKBグループはそれこそ運営の仕方を改めなければいけないのかもしれませんね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック