管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分だって被害者の筈なのに

<<   作成日時 : 2018/12/05 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年10月、元横綱の日馬富士による暴行事件が発覚し、結局日馬富士は引退に追い込まれてしまった、という事がありましたが、その時の被害者である貴ノ岩が今度は暴行の加害者になってしまったようですね。

「貴ノ岩、付け人に暴行…平手と拳で4、5回殴る」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010001-spht-spo
「貴ノ岩が付け人に暴行 相撲協会が発表…芝田山広報部長「自覚ないんでしょう。だからこういうことになる」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000135-spnannex-spo

なんでも付け人が忘れ物の言い訳をしたことに腹を立てて暴行に及んだという事のようですが、昨年の日馬富士の暴行事件の被害者で、世間の同情もあれだけあったというのになんだって今度は自分が加害者になってしまったのでしょうかね?
いや、昨年の暴行事件の時はビール瓶で殴られただのなんだのと言ったことが聞こえてきましたが、それに比べれば大したことはない、と本人は思うかもしれませんが、結局自分だって日馬富士から暴行を受けたことでいやな思いをしたのは間違いがないと思いますし、そんなことを自分が付け人にしたら付け人だって嫌がることが分かっていると思うのですがねえ。

昨年の暴行事件は師匠だった元貴乃花親方と相撲協会がその事件の対応を巡って対立して、結局貴乃花親方が今年になって退職し部屋が消滅→貴乃花部屋所属の力士は全員千賀ノ浦部屋に移籍、という事になりましたが、こんなことを起こしてしまうとあれだけ元親方が貴ノ岩をかばったのは何だったのか、と言う気もしてきますし、結局の所貴乃花親方は自分の弟子を相撲取りである前に一人前の社会人として育て上げることができなかったのか(15歳から相撲に携わっていたから、と言うのは言い訳にならないと思う)、と思いますが。

まあ、相撲協会の処分がどのようなものになるのかはわかりませんが(場合によっては初場所出場停止もあるかもしれない)、いずれにせよ貴景勝が初優勝したというのにこんな問題を起こされては千賀ノ浦部屋も大変じゃないか、と思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分だって被害者の筈なのに 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる