管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして成功するのかねえ?

<<   作成日時 : 2018/10/14 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吉本興業と言うとお笑いタレントを多く輩出している芸能事務所、というイメージが強いと思いますが、結構異業種にも参入してて(それが成功したか失敗したかは別として)、一昨日だか昨日だかもゲーム業界に参入(ちなみにすらっとフォームは定めず、スマホ、家庭用ゲーム機、PCゲームと言ったその時々に合ったプラットフォームで出すらしい)することを発表しましたが、今度はこんな構想をぶち上げたようですね。

「吉本興業、少女歌劇団を立ち上げ 20歳で退団に 総合演出の広井王子氏「少女の部分が難しい」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000311-oric-ent

広井王子氏と少女歌劇団、と言うとおそらく誰もが人気ゲーム「サクラ大戦」シリーズを想像すると思いますが(そういえば今度は1940年代を舞台にした作品が出るとかいう話だが)、あのゲームの設定年代と言うのが架空の「太正」と呼ばれる1920年代だし、戦前にはそういった少女歌劇団と言うのがよくあったようですが、戦後になるとすっかりすたれてしまったようなのですが、なんだってまたそれを21世紀の今になってやろうと思ったのでしょうかね?

これはおそらくだと思いますが、秋元康氏がプロデュースしているAKBグループが成功しているという事もあってそれじゃ吉本興業も、という事になったのかもしれませんが吉本だからって成功する、という保証はどこにもないし、何と言っても女性の歌劇と言うと宝塚歌劇団の存在がありますからね。なんか応募資格が11歳から17歳までの女性という事で宝塚との重複を避けたのかもしれませんが、調べてみると宝塚音楽学校は受験資格が15歳から18歳までの女子ですからね。その宝塚音楽学校を落ちた子が吉本の少女歌劇団を受験することも考えられますから(もちろんその落ちた子が翌年の受験を目指し、もし合格したとしたら退団することだってあり得るし)、そうなるとレベル的にもどうなるのかな、と言う気もしてきますが。
それに最近愛媛県のご当地アイドルの女の子が自殺して事務所のパワハラだなんだと(なんか意見が食い違ってるようだが)揉めていることを考えると、そういった場合のケアは吉本はどうするのかな、と思うのですが。

それに4月にメンバー決定、夏ごろのデビューを目指すというのはちょっと時間が足りないのではないか、と思いますがいずれにせよ成功するかどうか見てみたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして成功するのかねえ? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる