管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 1キロの延長がどう出たか

<<   作成日時 : 2018/10/13 19:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で来年1月2・3日に行われる箱根駅伝の予選会が本日行われ、上位11校が決定し、来年の本大会に出場する23チーム(来年の大会は5年ごとの記念大会の為、シード獲得の10校+インカレ枠で出場の日大+予選通過11校+オープン参加の関東学生連合の23チーム参加)が決定しました。

「駒大・順大・神奈川大など11校、箱根予選突破」
https://www.yomiuri.co.jp/hakone-ekiden/news/20181013-OYT1T50031.html
「箱根予選1キロ距離延長で明暗 一時は「ヤバい!」も温存策成功の上武大が逆転切符」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000044-dal-spo

まあ、顔触れだけを見ると明治大学が2年ぶりの出場を決めただけであとは昨年と同じ顔ぶれ(昨年は10校に対し今年は11校の為、昨年から1校増えた)という事で正直言ってあまり変わらないかな、と言う気もしますが、とはいえ11位の上武大学と初出場を目指し結局12位に終わって出場権を逃した麗澤大の差が1分50秒という事ですからね。確か予選会は参加各校の上位10人の合計タイムで順位を決めますから、上武大と麗澤大の差は一人平均11秒となりますから本当にわずかな差という事になるのかもしれませんね。

なんか今年から予選会は従来の20kmからハーフマラソン(21.0975km)になったという事でもし昨年のように20kmだったら上武大と麗澤大の差が逆になっていたのかな、と言う気もしますし、もしかしたらその1kmちょっとの延長がそのわずかな差になった、と言う気もしますが、まあいずれにせよ麗澤大は来年こそ出場権を目指してほしいと思いますね。

で、まあ、これで参加が決定した23校はこれから正月に向けて本戦に向かう事になるわけですが、やはり昨年の優勝校であり、先日の出雲駅伝も制した青山学院大学中心で動くのかな、と言う気もしますが(ちなみに11月の全日本大学駅伝と合わせ3冠を狙っているそうで)、とはいえやはりほかの大学も打倒青山学院を目指していると思いますし、2日間の間に何が起こるかわかりませんからね。来年も記念大会にふさわしい白熱したレースになってほしいと思います。


大学駅伝 2018 秋号 (陸上競技マガジン10月号増刊)
ベースボール・マガジン社
2018-10-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1キロの延長がどう出たか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる