管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなので行けるのかね?

<<   作成日時 : 2018/10/12 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何かと話題のZOZO TOWNの前澤社長が先日「2023年の月旅行」に民間人として初めて予約を入れた(世界中から8人のアーティストを集めていくとか言っているようだが)、という事で話題となりましたが、ただこれまでの宇宙旅行計画というのは遅れるのが常のようで(笑)、その昔ペプシコーラを売っているサントリーが出した懸賞(小型のスペースクルーザーに乗って成層圏を飛び出し、2分半ほど無重力も体験できる)も結局実施されなかったし、2014年に同じような体験をする予定だった俳優の岩城滉一やISSでライブを行う予定だったサラ・ブライトマン(まあ、これは個人的な事情もあったが)も未だに実現していないことから考えると本当に2023年に行けるのかいな、と言う気もしますが、こういったニュースを聞くとますますそう思えてくるわけで。

「ロシアのソユーズ、打ち上げ失敗 宇宙飛行士2人は脱出して無事」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-35126903-cnn-int
「ソユーズ打ち上げ失敗、ISS滞在中の飛行士はどうなる?」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181012-00010003-nknatiogeo-sctch

昨日カザフスタンのバイコヌール宇宙基地jから打ち上げられたロシアのロケット「ソユーズ」がトラブルを起こしてそれに乗っていた2人の宇宙飛行士が脱出した、と言うニュースがありましたが、このことで本来二人が向かいはずだった国際宇宙ステーション(ISS)の運営にも影響が出るとかいう話ですね。
今現在ISSに入る3人の宇宙飛行士は既に12月に地球に戻ってくることが決まっているので結局ソユーズが打ち上げ再開するまでにISSは無人になるのではないか、という事になっているようですが、まあアメリカがスペースシャトルを退役させて以来、ISSに行く手段と言うのはもうロシアのソユーズに頼るしかない状況が続いているのですが、ロケットの打ち上げと言うのはどうしたってこういうリスクがつきものだし、一度事故が起こると(たとえ今回のように乗っていた宇宙飛行士が無事だったとしても)、運用再開まで時間がかかることは過去に何度も経験していることですからね。そうなると確実にスケジュールに遅れが出てくることになりますから、最初に書いた前澤社長も本当に2023年に宇宙に行けるのか、という事になると思いますが。

とにかく今は原因をはっきりさせてほしいし、できるだけ早く運用の再開をすること、そしてこういった事態が起こらないように次善の策を考えた方がいいかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんなので行けるのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる